カテゴリー:□ 観光スポット

  • ちゃわん屋みずなみ

    平成29年4月23日(日) オープン!! 「ちゃわん屋みずなみ」は、みずなみ焼や美濃焼などを販売する陶磁器直売所です。 地元に愛される店をめざして昭和レトロで大幅リニューアルオープン!! 家庭用だけでなく業務用やギ…
  • 2017.5 竜吟峡 竜吟の滝

    竜吟の滝 滝開き 観光シーズンの幕開けに合わせ、竜吟峡を訪れる方の安全を祈願する神事を執り行います。滝開きイベントのオープニングには和太鼓集団「青龍」がオリジナル曲『昇竜の滝』などを演奏し、華を添えます。神事終了後には…
  • 2017.5.21-28  「静岡9人+1」展 瑞浪芸術館

    「静岡9人+1」展 当館で4回目となる静岡の芸術グループ9人と当館の理事長でもある近藤精宏による展観です。 出品作家:青木鐡夫(版画)・青木晴美(版画)・大城章二(彫刻)・坂田和之(絵画)・柴田靖夫(彫刻)・松浦澄江…
  • さくらさくらのさんぽみち

    2017.4.3-16 さくらさくらのさんぽみち ライトアップ

    土岐川の明徳橋から竜門橋の右岸の堤防に500mの桜並木が続きます。 桜の季節には道の両側から遊歩道を覆うように桜のトンネルが出来ます。 毎年 開花期間の夜は歩行者専用となり、ライトアップで浮か…
  • 2017.4.15 第8回 みずなみ百縁商店街

    2017.4.15(土) 第8回 みずなみ百縁商店街 開催日時: 平成29年4月15日(土)10:00~15:00 場  所:JR瑞浪駅前商店街一帯 ◎問合せ 瑞浪駅前ふれあい館 ☎ 0572-67…
  • 2017.4.8-9 陶町 桜ヶ丘公園 桜まつり

    加藤左衛門尉景信(かとうさえもんのじょうかげのぶ)  園には複数の石碑が建てられていますが、その中でも最大の石碑には4人の人物の名が刻まれています。  石碑の最も右側に刻まれているのが加藤…
  • 2016.2.19-3.19 企画展「友の会作品展」 瑞浪市陶磁資料館

    瑞浪市陶磁資料館友の会の会員たちが制作した様々な作品(器・オブジェ等)を展示します。(3月19日まで) 古代から現代に至る美濃焼の歴史を、時代を追って、歴史性・化学性・創造性の3つのテーマで紹介して…
  • 荷機稲荷神社 初午大祭 瑞浪市観光協会

    2017.3.5 初午大祭 荷機稲荷神社

     荷機稲荷神社は、200年に及ぶ歴史を伝える稲津町の誇りでもあり、『小里のお稲荷さん』として愛されています。  初午大祭は、文化元年(1804年)江戸時代中期に村内で凶作が続いたため村民が協議し、村内安全・…
  • 瑞浪化石野外学習地 瑞浪市観光協会

    瑞浪化石野外学習地

    土岐川の河原で、1700万年前の貝や植物などの化石を採集できます。きれいなサメの歯や大きなクジラの化石も見つかっています。化石を採集するには、化石博物館で許可を受けてください。また、採集用具(ハンマー・タガネ)は…
  • 世界一の美濃焼こま犬

    2016.7.16 陶町大川 祇園祭 「世界一のこま犬」で有名な陶町大川の八王子神社にて開催。 こま犬は、平成2年(1990)製作、高さ約3.3m、総重量15トン、世界一(ギネス認定)の美濃焼こま犬は、大川窯4代目羽柴与…
  • 中山道 大湫宿

    広重画「木曽海道六拾九次 大湫宿」 大湫宿は江戸から47番目の宿として、海抜510mの高地に設けられ、江戸へ90里半、京都へ43里半、東隣りの大井宿へ3里半、西隣の細久手宿へ1里半、美濃16宿の中で最も高く、そ…
  • 細久手宿 瑞浪市観光協会

    中山道 細久手宿

    広重画「木曽海道六拾九次 細久手宿」  細久手宿は江戸から48番目の宿で、江戸へ92里、京都へ42里の位置にあり、東隣りの大湫宿と西隣りの御嶽宿の両宿間は4里半と長く、両宿の人馬が難渋したため、慶長11(160…
  • 【第八番】瑞櫻山 櫻堂薬師

    櫻堂薬師 佐久羅宮神社(櫻宮神社) 年間行事予定  1月 1日       新春篝火(かがり火)  3月15日       釈迦涅槃会  4月第2日曜日     薬師例大祭 (12名の住職による大般若と約30~4…
  • 世界一の美濃焼こま犬イルミネーション

    2016.12.24-2017.1.15(延長しました) 世界一の美濃焼こま犬 イルミネーション

    <こま犬イルミネーションのご案内> 高さ3.3mのこま犬をライトアップし、周囲をイルミネーションで飾り付け、遠くから見ても圧倒的な存在感です。 是非期間中にお立ち寄りください。 場所:瑞浪市陶町大川716(…
  • 2016.10.29-30 岩穴くぐり 鬼岩公園

    鬼岩 岩穴くぐり 好評につき、今年も開催いたします。是非お越しください。 日時:平成28年10月29日(土)30日(日) 場所:鬼岩公園 (↓クリックするとPDFファイルを表示します↓)  …
  • 2017.1.5 恵比寿大黒天祭

    毎年1月5日に、恵比寿大黒天祭が開催されます。 日時:平成29年1月5日(木)5時開帳 場所:大黒天像 (土岐町2452番地の1) 鶴城下町の福市 くじ引き(空くじなし、景品盛りだくさん) この大…
  • 瑞浪市化石博物館

    みずなみ化石教室 スタッフと一緒に化石採集、レプリカ作り、化石のクリーニングに挑戦しましょう。 ※事前申込制です。 みずなみ化石教室の申し込み開始は開催日の1か月前です。 申し込みは家族単位(または個人)…
  • 瑞浪市民公園

    29.5haの市民公園には瑞浪市化石博物館、瑞浪市陶磁資料館、市之瀬廣太記念美術館、地球回廊、サイエンスワールド、市民体育館、野球場、テニスコート等多くの教育施設があります。また岸武雄著「化石山」の舞台になった化…
  • 瑞浪市地球回廊 瑞浪市観光協会

    瑞浪市地球回廊

    全長240mの地下ミュージアム。地球が誕生した46億年前から現在までを、パネルや模型、200インチのハイビジョンなどを駆逐して分かりやすく再現。地球の進化をタイムトリップ気分で体感すれば未来の地球が見えてきます。…
  • 市之瀬廣太記念美術館

    瑞浪市出身の彫刻家、故市之瀬廣太氏の作品約300点を主に収蔵し、広く美術に関する知識及び教養の向上に資するとともに、氏の偉業を後世に伝える事を目的に建設。鑑賞する人と彫刻との間に楽しい語らいが生まれる施設です。 …
  • 美濃歌舞伎博物館「相生座」 瑞浪市観光協会

    美濃歌舞伎博物館「相生座」

    相生座は両花道・回り舞台等を備え、客席は平土間で左右と後方の二階に桟敷が設けられた本格的な舞台機構を完備した芝居小屋です。 江戸時代から地芝居に用いられた歌舞伎衣装やかつら等4500点以上を所蔵する地歌…
  • 岐阜県先端科学技術体験センター サイエンスワールド

    岐阜県が設置した施設で、先端科学技術を気軽に体験できる科学館です。 体験を重視したコンセプトで、21世紀を担う青少年に科学のおもしろさ、大切さをサイエンスワークショップなどで伝えます。 休日には、参加…
  • ミュージアム中仙道

    私立の美術館ながら所蔵品も豊富で4つの部屋に分類展示された作品(日本画、陶磁器、刀剣・鎧、歌舞伎資料)を心ゆくまで鑑賞できるように配慮されています。また、企画展や講演会を開催しています。 所在地 …
  • 陶与左衛門窯

    陶町には、室町時代から江戸時代にかけて多くの窯が築かれ、中馬街道により尾張や京の都に優れた製品を運んでいました。2006年、町民が一丸となって、往時の登り窯を県内最大級の六連房の登り窯に再現しました。半年…
  • 瑞浪市農産物等直売所 きなぁた瑞浪

    「きなぁた」(よう来なぁた)とは東濃弁で「よく来てくださいました」の意味です。 「農家の庭先モール」というコンセプトで、地域の農家が大切に育てた“安全・安心・新鮮”な農産物を販売しています。また、通常の…
  • 大島古墳

    この古墳は、ここから約8.5km東の瑞浪市釜戸町大島の中央自動車道敷地内にあったものを昭和49年に化石博物館の横に移転復元したものです。7世紀末か8世紀初めの頃の横穴式古墳で、東濃地方の代表的型式をそなえています…
  • 瑞浪市陶磁資料館 登り窯

    吹き上がる炎が創る土と炎の融合美 連房式登窯 連房式登窯は、17世紀初めごろに、美濃に導入された窯体構造で、製品を焼成する房(室)が幾つも階段状に連結しています。 各々の房は、狭間孔と呼ばれる穴によって結ばれ…
  • 瑞浪化石産地

    瑞浪市明世町・薬師町・松ヶ瀬町、日吉町、土岐町。新生代第三紀の地層で、中でも瑞浪層群(約1900~1500万年前)と呼ばれる地層は、哺乳類・魚類・貝類・植物等の化石を豊富に産し、貴重な化石包含地として保護されてい…
  • 戸狩横穴古墳群 瑞浪市観光協会

    戸狩横穴古墳群

    岐阜県指定史跡  瑞浪市内には、化石を多く包含する新生代第三期の凝灰岩が所々に露出しています。  横穴古墳は斜面に露出したこの凝灰岩を利用し、これに横穴を掘って構築されたもので、市内にはこの明世町戸狩一帯のほか、…
  • 2016.9.18 中国人殉難者慰霊供養祭 地下壕一般公開

    平成28年9月18日(日)14:00~ 市民公園内「日中不再戦の誓い」碑前 問合せ 社会福祉課 ☎ 68-2112 地下壕一般公開 平成28年9月18日(日)10:00~16:00 同日に地下壕の…
  • 大湫宿 高札場

    宿の西端に設けられていましたが、平成10年に歴史の道整備事業の一環として往時の姿が再現されました。尚、現存する定高札は公民館で見ることができます。 …
  • 大湫宿 観音堂 【第四番】秀峰山 圓通閣

    道中安全、病気全快の観音様として知られ、宿内・近郷はもちろん旅人からも厚い信仰を受けて賑わってきた観音堂です。宿の大火で類焼し弘化4年(1847年)に再建されたものですが、境内に並んでいる数多い石造物とともに盛大…
  • 大湫宿 神明神社の大杉

     大湫宿があった頃よりももっと昔のこと、この地区には沼地が多いのに良い水のわく泉がありませんでした。 飲み水に困った村人たちは神明様へ願をかけました。「どうか、良い水をください」と一心にお祈りをしました。…
  • 大湫宿 脇本陣

    【一般公開はしていません】 建坪は開口16間余、奥行き6~12間の98坪。部屋数19、畳数121畳。別棟4。門構え・玄関付きで一部改修・縮小されていますが、概ね往時のままの姿をとどめています。 [gall…
  • 大湫宿 本陣跡

    大湫小学校(廃校)の校庭にあった、間口22間(約40m)、奥行き15間(約27m)、部屋数23、畳数212畳、別棟添屋という広大な建物で公卿や大名、高級武士たちのための宿舎でした。また数々の宮姫のほか皇女和ノ宮が…
  • 大湫宿 森川訓行家住宅(丸森)

    大湫宿にある国登録有形文化財「旧森川訓行家住宅(丸森)」は、観光案内所として見学もできるようになりました。 [gallery size="medium" ids="6520,6521,6522,6519"] …
  • 森川善章家住宅主屋 瑞浪市観光協会

    大湫宿 森川善章家住宅主屋

    明治26年(1893)。国の登録有形文化財。中山道大湫宿にある住宅。立ちの高いつくりは近代の傾向を示すが、街並みの景観を良く残している。 [gallery ids="6532,6533"] …
  • 保々家住宅主屋 瑞浪市観光協会

    大湫宿 保々家住宅主屋

    江戸中期・江戸後期改築。国の登録有形文化財。中山道大湫宿の脇本陣。正面の庇上の小壁には木瓜型の窓や桔梗紋の漆喰飾りがあり門とともに宿場の中心的な建物として往時の面影を色濃く残している。…
  • 三浦家住宅主屋 瑞浪市観光協会

    大湫宿 三浦家住宅主屋

    江戸末期。国の登録有形文化財。中山道大湫宿にある旅籠を兼ねた住宅。格子造りの外観は宿場の景観をよく伝えている。…
  • 大湫宿元禄大火注進書 瑞浪市観光協会

    大湫宿 大湫宿元禄大火注進書

    江戸、元禄14年(1701)。大湫宿の54軒の宿が全焼した際に、幕府の道中奉行、領主尾州藩の郡奉行へ提出した注進書(事件・事故の報告書)の控え。…
  • 【中仙道 細久手宿】大黒屋旅館

    中山道細久手宿にある、かつての尾州家定本陣です。現在の建物は、安政6(1859)年に再建されたものです。本卯建・玄関門・式台・上段の間なども往時のままに残っています。 玄関にはいくつものツバメの巣があり、階段の…
  • 細久手宿 【客番】細久手庚申堂

    宝暦以来の小堂宇を寛政10(1798)年の宿中大火のあと、宿の鬼門除けとして享和2(1802)年に再建したものです。 宿内はもちろん近郷や旅人からも「細久手宿のこうしんさま」として親しまれたお堂で、ここからは宿…
  • 中山道 琵琶峠

     遠い昔、この峠で休んでいる若者がいました。 都へ琵琶の勉強に行きましたが、あきらめて奥州へ帰るところでした。 するとふしぎな音楽が聞こえてきて、若者はうっとりと聞き惚れていました。 それは坂の…
  • 中山道 弁財天の池

     久作は貧しい小作百姓でした。そこで街道の馬子もつとめて暮らしをたてていました。  2番目の娘のお花がひどいほうそうを患っていて、このままでは顔にひどいアバタが残ってしまうと心配していました。  その日も…
  • 中山道 一里塚

    瑞浪市内の中山道には、昔のままの姿で一里塚が残っています。東から、権現山一里塚、八瀬沢一里塚、奥之田一里塚、鴨之巣一里塚で、連続して4ヶ所もの一里塚が残っている例は全国的にもまれです。 ●所在地  瑞浪市日吉町・大…
  • 中山道 十三峠

    十三峠 中山道大湫宿と大井宿の間の十三峠は、その名のとおりアップダウンが多く、難所とされていました。この区間には、三十三所観音、権現山一里塚、尻冷やし地蔵、樫ノ木坂の石畳など多くの史跡が残っています。 ●…
  • 【第十九番】長冨山 旭王寺

    長冨山 旭王寺は、現在建てかえの最中です。 2016.8.4 修復のための仏像搬出 十三仏は享保12年(1727)の作ですが、その後補修がしてあるようです。 子安観音さまは、年代不明です。 その仏様像の下には…
  • 土岐頼貞の墓

     土岐氏は美濃に土着した清和源氏の子孫で、頼貞の5代前の光信の頃から土岐氏を称するようになりました。  頼貞は土岐氏中興の祖と呼ばれ、以後11代続く美濃国守護としての基礎を築き、また、文武に秀でた武将としてその…
  • 小里城跡

    小里城山城跡は、小里記によると土岐氏の支流である、小里出羽守光忠が天文3(1534)年に築城した山城で、以降小里氏代々の居城となりました。 天正元(1573)年、岩村城(恵那市)が武田勢に攻略さ…
  • 天狗塚展望台

    木曽川から350mの高さで聳え立つ「天狗塚の大岸壁」の頂上に設けられた展望台。木曽川の大渓谷に臨み、中央アルプス、御嶽山、白山、伊勢湾を遠望できる絶景の地です。約300mの遊歩道が整備され、頂上には十一面観世音石…

みずなみ観光タクシー

会員さん、こんにちは!

File07 みわ屋 飛騨牛まぶしで有名な名店です。東京・名古屋・大阪にも出店中。

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

safety tips for pc Safety tips for smartphone

Twitter でフォロー

リンク用バナー

相互リンクをお願いします!詳細はお問合せ下さい。

おすすめカテゴリー

遊びと体験を楽しむ!

カテゴリー

画像提供ページ

リンク

定年退職後、いろいろなことに挑戦をしつつ旧中山道歩きをされ大湫宿、細久手宿を訪れています。 38日間かけて約535kmの中山道69次を歩いた旅人の旅日記。瑞浪市の大湫宿・細久手宿も登場します。
ページ上部へ戻る