鬼岩福鬼まつり 瑞浪市観光協会

福鬼まつり2015 (15)

鬼岩国定公園に伝わる鬼の岩屋伝説を基にした節分のお祭りです。鬼岩では福を呼び込むのが鬼であることから「鬼は内、福は内」という掛け声で節分の豆まきが行われます。他にも福鬼太鼓、バサラ踊りなどが披露されます。

午前
・福鬼神事
・みたけ幼稚園マーチングバンド
・福鬼豆まき
・多治見太鼓演奏(鬼の舞)
・バサラ踊り
・ぜんざい無料配布

午後
・ビンゴ大会
・福鬼豆まき
・多治見太鼓演奏(鬼の舞)
・バサラ踊り

日時:平成30年2月4日(日曜日) 9:30~16:30
会場:鬼岩ドライブイン駐車場
※会場駐車場には限りがあります。満車の場合は臨時駐車場(土岐美濃焼卸商業団地、ポリテクセンター岐阜)をご利用ください。
臨時駐車場よりシャトルバスを随時運行しています。

(↓画像をクリックするとPDF2.83MBを表示します↓)

主催:鬼岩観光協会
お問合せ:鬼岩観光協会  電話:0574-67-0285



  「茂作さは、むごいことだったな、この春に嫁をもらうという矢先に…」池田村の百姓茂作が家の中で何者かに殺されてしまいました。「関の太郎のしわざに違いない」その頃、世の中に恐れられる鬼のような盗賊たちが日吉郷の次月村のいわやに住んでいました。その噂が都まで聞こえ、中村の領主纐纈源吾盛遠は家来を引き連れて鬼退治にでかけました。そこは大きな岩が重なり合ってがけを作り、谷川をわたってうっかり岩づたいに近づくと、どこからともなく太い矢が飛んできてひとたまりもありません。盛遠はカニ薬師へお詣りしました。ご本尊の前にゆらゆら上がる香の煙をみてハッと思いつき、松や檜を切らせ火をつけ煙攻めにしました。するとこらえきれなくなった賊が転げ出てきたところを捕えました。肝心の関の太郎は、その時はうまくのがれてしまいましたが薬師の祭りの日に捕え、御嵩の町はずれでその首をうちました。
●この昔話は、「ふるさと瑞浪」のお話のあらすじを短くして掲載しています。

国定公園鬼岩を訪れる観光客と地域の人々の無病息災を願い、感謝を込めて催される。伝説ではこの巨岩・奇岩を住居にして悪事をはたらいて近郷の住民を苦しめた関の太郎が福鬼としてよみがえり、厄払いをする節分の祭りで、福を運ぶのが鬼であるため、「鬼は内、福は内」の掛け声えで豆撒きを行う。

所在地  瑞浪市日吉町 鬼岩公園駐車場地内
問い合わせ  鬼岩観光協会 TEL.0574-67-0285
開催  2月第1日曜日
アクセス  中央自動車道土岐ICより10分 JR瑞浪駅よりタクシー20分

このHPの使用画像について

瑞浪のPRをしていただけるのであれば、本サイトの掲載画像を使用ください。 画像をクリックし全体写真が表示されたら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」で高解像度データーでダウンロードできます。 「画像使用申請フォーム」にて利用する旨をお知らせいただき、提供元として「Ⓒ瑞浪.com」又は「瑞浪市観光協会」を表示をしてください。よろしくお願い致します。

関連記事

みずなみ観光タクシー

瑞浪を動画で見てみよう!

瑞浪の動画

会員さん、こんにちは!

File10 鉄板居酒屋 ぽんきち 瑞浪駅前浪花通りにある、居心地が良くついつい長居してしまいそうな居酒屋さんです。
safety tips for pc Safety tips for smartphone

Twitter でフォロー

画像提供ページ

リンク用バナー

相互リンクをお願いします!詳細はお問合せ下さい。

おすすめカテゴリー

遊びと体験を楽しむ!

カテゴリー

画像提供ページ

リンク

定年退職後、いろいろなことに挑戦をしつつ旧中山道歩きをされ大湫宿、細久手宿を訪れています。 38日間かけて約535kmの中山道69次を歩いた旅人の旅日記。瑞浪市の大湫宿・細久手宿も登場します。
ページ上部へ戻る