2016.10.23 文楽の日 半原操り人形浄瑠璃

2015.10.25 第12回 半原文楽の日

半原操り人形浄瑠璃 瑞浪市観光協会

江戸時代中期より現在まで継承される人形浄瑠璃(外題物)を上演します。(岐阜県重要有形・無形民俗文化財)

開催日:平成28年10月23日(日曜日)
会場:半原文楽館 (日吉町半原)

主催:日吉町半原区
お問い合わせ:スポーツ文化課
  岐阜県文楽・能保存振興協議会
  電話:0572-68-7710
  E-Mail:sportsbunka@city.mizunami.lg.jp


第12回 半原文楽の日 平成27年10月25日(日曜日)


第11回 半原文楽の日 平成26年10月26日(日曜日)


第10回 半原文楽の日 平成25年10月27日(日曜日)

県指定無形民俗文化財に指定されている操り人形浄瑠璃は、江戸時代中期の宝永(1704~)の頃、淡路の人形使いが半原を訪れ三輪源兵衛方に逗留し村人に伝授したのが始まりと伝えられています。現在、産土神の日吉神社に式三番叟を奉納、保存会による芸題の上演は見る人を魅了させます。

所在地  瑞浪市日吉町半原地内
問い合わせ 瑞浪市教育委員会 スポーツ文化課 TEL.0572-68-7710
半原文楽奉納  4月14日に近い日曜日(半原日吉神社)
文楽の日  10月第4日曜日(半原公民館)
アクセス  中央自動車道瑞浪ICより20分 JR瑞浪駅下車タクシー15分

半原操り人形浄瑠璃 瑞浪市観光協会 半原操り人形浄瑠璃 瑞浪市観光協会

半原操り人形浄瑠璃 瑞浪市観光協会 半原操り人形浄瑠璃 瑞浪市観光協会

半原操り人形浄瑠璃 瑞浪市観光協会 半原操り人形浄瑠璃の頭と衣装
江戸時代中期。半原操り人形浄瑠璃に用いる人形の頭78点、衣装80点が県有形文化財に指定されています。

このHPの使用画像について

瑞浪のPRをしていただけるのであれば、本サイトの掲載画像を使用ください。 画像をクリックし全体写真が表示されたら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」で高解像度データーでダウンロードできます。 「画像使用申請フォーム」にて利用する旨をお知らせいただき、提供元として「Ⓒ瑞浪.com」又は「瑞浪市観光協会」を表示をしてください。よろしくお願い致します。

関連記事

みずなみ観光タクシー

瑞浪を動画で見てみよう!

瑞浪の動画
瑞浪の動画(35本)公開中!!

会員さん、こんにちは!

File07 みわ屋 飛騨牛まぶしで有名な名店です。東京・名古屋・大阪にも出店中。
safety tips for pc Safety tips for smartphone

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

Twitter でフォロー

画像提供ページ

リンク用バナー

相互リンクをお願いします!詳細はお問合せ下さい。

おすすめカテゴリー

遊びと体験を楽しむ!

カテゴリー

画像提供ページ

リンク

定年退職後、いろいろなことに挑戦をしつつ旧中山道歩きをされ大湫宿、細久手宿を訪れています。 38日間かけて約535kmの中山道69次を歩いた旅人の旅日記。瑞浪市の大湫宿・細久手宿も登場します。
ページ上部へ戻る