2016.9.18 中国人殉難者慰霊供養祭 地下壕一般公開

中国人殉難者慰霊供養祭

平成28年9月18日(日)14:00~ 市民公園内「日中不再戦の誓い」碑前

問合せ 社会福祉課 ☎ 68-2112

地下壕一般公開

平成28年9月18日(日)10:00~16:00
同日に地下壕の一部を公開します。

◎問合せ 都市計画課 ☎ 0572-68-9816


中国人殉難者慰霊祭-youtube

平成27年9月20日(日)14:00 市民公園内「日中不再戦の誓い」碑前

地下壕一般公開

同日に地下壕の一部を公開しました。

瑞浪市民公園-地下壕-


 昭和19~20年頃の日本は戦争中で敗色濃厚となり敵の空襲を避け地下工場を各地に作り始めました。
 敗戦間近の年、岐阜県内では各務原2か所、川辺、高山と瑞浪の5か所で工場や飛行機誘導路の建設が進められていました。
 瑞浪の化石山(通称 ヘソ山)には、間組にて重爆撃機(四式爆撃機[飛龍])を製造するため川崎航空機地下工場が突貫工事で建設をされていました。
 その労働をさせられていたのが捕虜や無理やり連行されてきた朝鮮人や中国人でした。
 工事現場は、過酷な労働条件と重労働、栄養失調により病気や事故で、330人中39名が命を落としました。
 中国人労働者が脱走をしてつまかり体罰を受け全身打撲で死亡した話や、トロッコでひかれた捕虜が両足切断となり死亡した話、捕虜に蒸した芋を与えた老婆とその捕虜に罰をあたえた話などが残っています。
 この川崎航空機工業の瑞浪工場は結局完成することはありませんでしたが、現在も当時掘られた総延長8159.26mの広大な地下壕が残っており、その一部を利用して「地球回廊」が作られました。現在の市民体育館の場所には、捕虜の収容所がありました。
 昭和42年に不再戦碑が建てられ、第一回の慰霊祭が行われ現在も継続して開催されています。

資料

中国人殉難者の碑 中国人殉難者瑞浪市供養会(PDF)

戦後70年語り継ぐ戦争の記憶 中国人強制連行の足跡  加藤 明 編(PDF)
 

このHPの使用画像について

瑞浪のPRをしていただけるのであれば、本サイトの掲載画像を使用ください。 画像をクリックし全体写真が表示されたら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」で高解像度データーでダウンロードできます。 「画像使用申請フォーム」にて利用する旨をお知らせいただき、提供元として「Ⓒ瑞浪.com」又は「瑞浪市観光協会」を表示をしてください。よろしくお願い致します。

関連記事

みずなみ観光タクシー

瑞浪を動画で見てみよう!

瑞浪の動画

会員さん、こんにちは!

File07 みわ屋 飛騨牛まぶしで有名な名店です。東京・名古屋・大阪にも出店中。
safety tips for pc Safety tips for smartphone

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

Twitter でフォロー

画像提供ページ

リンク用バナー

相互リンクをお願いします!詳細はお問合せ下さい。

おすすめカテゴリー

遊びと体験を楽しむ!

カテゴリー

画像提供ページ

リンク

定年退職後、いろいろなことに挑戦をしつつ旧中山道歩きをされ大湫宿、細久手宿を訪れています。 38日間かけて約535kmの中山道69次を歩いた旅人の旅日記。瑞浪市の大湫宿・細久手宿も登場します。
ページ上部へ戻る