2020.6.2-8.2ミニ展示 神仏習合の証 下山田八幡神社と神誓寺 瑞浪市陶磁資料館

美濃源氏 土岐一族の時代 開催中

神仏習合の証

下山田八幡神社と神誓寺
展示会期:令和2年6月2日~8月2日

八幡宮の扁額

 かつて、八幡神社参道入口に立っていた両部鳥居(地元では鳥居様と呼んでいた)に掲げられていた扁額で、材は欅、文字は八幡宮とあり、額の裏面に次の文字が彫り込まれている。

「山田村中/文政八年乙酉八月神誓寺/洞水法印応需遠斎書」
 この意は、「文政8年に山田村が奉納した額で、神誓寺の洞水法印の求めに応じて遠斎という人物が八幡宮の文字を書く」である。

 これは、江戸時代に、神社と寺が一体のものであると言う、所謂「神仏習合」(神仏混交とも言う)の証で、この文政八年は西暦1825年、江戸時代の後期にあたる。

 文中の「洞水」については、神誓寺墓所の無縫塔にその名が見られるが詳細は不明、遠斎について手掛かりは無い。

下山田 八幡神社 神誓寺住職お墓
下山田 八幡神社 神誓寺住職お墓
下山田 八幡神社 神誓寺井戸
下山田 八幡神社 神誓寺井戸

神社とお寺

 今も瑞浪市山田町下山田にある八幡神社と、江戸時代にその神社の隣に存在した神誓寺との関係を、地元資料「旭王寺と下山田の歴史」や瑞浪市史他でその概要を見ると、


八幡神社について
 最古の棟札に「寛永十五戊寅年山田村八幡宮御宝殿再造立」(1638)とあり、それ以前の建立と判り、「元禄より明和まで社僧名あり、天明より維新まで神聖寺別当祭祀のこと各棟札にあり」、他にも「宝永五年(1708)下山田村」銘の陶製の奉納狛犬がある。明治6年(1873)に、村社八幡神社となった。

神誓寺について
 「神社の南下の処に当宮の守り寺として八幡山神誓寺が舜栄法師により、寛文8年(1668)に創建され、この頃から、本格的に神仏習合の宮となったと思われ」とある。

 地元安藤陸郎の「陸老記」によると、「寛文八年 (1668) には、真言宗学侶派、高野山小本山、安楽寺の末寺として建立」とされ、「開山は阿闍梨舜栄法師で正徳2年(1712)に没」、「文久元年(1861)大徳円成法師没を最後に無住の寺」となり、以降「一色清光院住職兼務の寺」となり明治まで続き、廃仏毀釈等の影響で廃寺となったという。

 なお、歴代住職の位牌は同じ下山田村の旭王寺に預けられ、今も大切に守られている。


下山田 八幡神社 鳥居様 昭和62年
下山田 八幡神社 鳥居様 昭和62年
下山田 八幡神社 下山田鳥居大杉 昭和27年1月
下山田 八幡神社 下山田鳥居大杉 昭和27年1月
下山田 八幡神社 木鳥居 2019年4月
下山田 八幡神社 木鳥居 2019年4月

瑞浪市陶磁資料館

●所在地  瑞浪市明世町山野内1-47
●問い合わせ  TEL0572-67-2506
●開館  9:00~17:00(入館は16時30分まで) P有り
●休館  月・祝日の翌日・年末年始
●入館料  一般200円 高校生以下無料 団体割引有り
●アクセス  JR瑞浪駅下車徒歩30分 中央自動車道瑞浪ICより3分


下山田 八幡神社

●所在地  瑞浪市山田町468番地
●アクセス  JR瑞浪駅下車 タクシー7分 中央自動車道瑞浪ICより7分

このHPの使用画像について

瑞浪のPRをしていただけるのであれば、本サイトの掲載画像を使用ください。 画像をクリックし全体写真が表示されたら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」で高解像度データーでダウンロードできます。 「画像使用申請フォーム」にて利用する旨をお知らせいただき、提供元として「Ⓒ瑞浪.com」又は「瑞浪市観光協会」を表示をしてください。よろしくお願い致します。

関連記事

大河ドラマ「麒麟がくる」番組展

観光協会のおすすめ !

★注意 ホームページ営業について

瑞浪市観光協会をかたって、ホームページ作成の営業をかけている業者がいます。当会とは関係がありませんのでご注意ください。

瑞浪市観光大使 活動中!

瑞浪を動画で見てみよう!

観光パンフレット

Twitter でフォロー

リンク用バナー

相互リンクをお願いします!詳細はお問合せ下さい。

おすすめカテゴリー

遊びと体験を楽しむ!

safety tips for pc Safety tips for smartphone

みずなみ観光タクシー

画像提供ページ

カテゴリー

ページ上部へ戻る