南垣外の磨崖仏(みなみがいとのまがいぶつ)

この磨崖仏は、瑞浪市北部の日吉町南垣外地区を流れる南垣外川東側の水田の脇にあります。

磨崖仏(まがいぶつ)というのは、岸壁や自然の岩に線彫りや浮彫りで彫刻された仏像です。日本では、平安時代に多く作られていますが、瑞浪市には例が少なく、この磨崖仏は貴重な存在として昭和42年に市の文化財に指定されました。
南垣外字南三本松、石神(いしがみ)から鬼船(おにむね)の方へ通じる古い小道の傍らに高さ230センチほどの大岩があり、その南面に全長が155センチ、肩幅48センチ の地蔵菩薩が線彫りで刻まれています。左手に宝珠(ほうじゅ)、右手に錫杖(しゃくじょう)を持つおだやかな表情の地蔵様です。製作年代は彫ってありませんが、像の彫り方から室町時代(5〜600年前)のものといわれています。なお、石神道の途中にある岩にも小さな仏像らしきものが彫ってありますが、どういうものかわかりません。
鬼船へ上る道の傍に(今は林の中になっていますが)観世音菩薩をまつった碑や庚申仏(こうしんぶつ)、金毘羅様が祀られていた立派な石造の祠があり、この土地の人々の信仰の深さを伝えています。

宝珠(ほうじゅ)・・・何でも思いのままに出してくれる珠(たま)
錫杖(しゃくじょう)・・・頭に金属の鐶がついた杖

(日吉町HPより)

所在地  瑞浪市日吉町3842番地の2
問い合わせ  瑞浪市教育委員会 スポーツ文化課 TEL.0572-68-7710

このHPの使用画像について

瑞浪のPRをしていただけるのであれば、本サイトの掲載画像を使用ください。 画像をクリックし全体写真が表示されたら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」で高解像度データーでダウンロードできます。 「画像使用申請フォーム」にて利用する旨をお知らせいただき、提供元として「Ⓒ瑞浪.com」又は「瑞浪市観光協会」を表示をしてください。よろしくお願い致します。

関連記事

みずなみ観光タクシー

瑞浪を動画で見てみよう!

瑞浪の動画

会員さん、こんにちは!

File10 鉄板居酒屋 ぽんきち 瑞浪駅前浪花通りにある、居心地が良くついつい長居してしまいそうな居酒屋さんです。
safety tips for pc Safety tips for smartphone

Twitter でフォロー

画像提供ページ

リンク用バナー

相互リンクをお願いします!詳細はお問合せ下さい。

おすすめカテゴリー

遊びと体験を楽しむ!

カテゴリー

画像提供ページ

ページ上部へ戻る