樹齢千三百年の大杉被災復興プロジェクト 大湫宿 神明神社の大杉

推定樹齢1300年の大杉を後世へ繋ぎたい。「倒木」という節目に立ち会った世代として、記憶や記録、形として大杉を残し、伝えていきたい。

 2020年7月の記録的豪雨により、岐阜県瑞浪市大湫町のシンボルだった推定樹齢1300年の御神木の大杉が倒木。

「まさに神がかった倒れ方」

と、皆が口を揃えて言う程、民家を避けるような形で倒れた大杉。奇跡的に人的被害は無かったものの、その復興には莫大な費用がかかると予想されています。

 町民の若者を中心に、倒木翌日から若手有志の会を立ち上げ、「神明大杉」再生検討会議でどのように復興し、未来へつなげていくかを検討してきました。今回、大杉の今後の保存と活用や、住民の心の拠り所であった神明神社の境内やお祭りの復興のため、クラウドファンディングで復興資金を集めます。


大湫神明神社大杉倒木

大湫 神明神社 御神木 倒壊

 2020年7月11日夜、 何度も落雷に打たれながらも、強く立ち続けていた 神明神社の御神木の大杉が が大雨の影響で倒れてしまいました。倒れた方向にイチョウの木があり、そこにもたれながらゆっくりと倒れていったようです。人的被害もなく民家の一部をかすめましたが、被害の少ない絶妙な角度で倒れたように見えます。


大湫宿 神明神社大杉 (7)
 大湫宿があった頃よりももっと昔のこと、この地区には沼地が多いのに良い水のわく泉がありませんでした。 飲み水に困った村人たちは神明様へ願をかけました。「どうか、良い水をください」と一心にお祈りをしました。 21日目の朝、社の前にそびえる杉のこずえから一匹のまっ白い蛇がおりてきて、杉の根本の石の間へ首をつっこむと腹の下からチョロチョロと水が流れ出しました。村の人はおどりあがって喜びました。今も杉の根元から泉がこんこんとわきでています。

●この昔話は、「ふるさと瑞浪」のお話のあらすじを短くして掲載しています。

大杉(県指定天然記念物)は樹齢1300年・目通り6.5m高さ60mで太田南畝の「壬戌紀行」に「駅の中なる左の方に大きなる杉の木あり、その元に神明の神社の宮を建つ」とある御神木です。

神明神社の大杉 瑞浪市観光協会
このHPの使用画像について

瑞浪のPRをしていただけるのであれば、本サイトの掲載画像を使用ください。 画像をクリックし全体写真が表示されたら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」で高解像度データーでダウンロードできます。 「画像使用申請フォーム」にて利用する旨をお知らせいただき、提供元として「Ⓒ瑞浪.com」又は「瑞浪市観光協会」を表示をしてください。よろしくお願い致します。

関連記事

大河ドラマ「麒麟がくる」番組展

観光協会のおすすめ !

★注意 ホームページ営業について

瑞浪市観光協会をかたって、ホームページ作成の営業をかけている業者がいます。当会とは関係がありませんのでご注意ください。

瑞浪市観光大使 活動中!

瑞浪を動画で見てみよう!

観光パンフレット

Twitter でフォロー

リンク用バナー

相互リンクをお願いします!詳細はお問合せ下さい。

おすすめカテゴリー

遊びと体験を楽しむ!

safety tips for pc Safety tips for smartphone

みずなみ観光タクシー

画像提供ページ

カテゴリー

ページ上部へ戻る