2019.10.5-2020.1.13 印判手のやきもの 瑞浪市陶磁資料館

馬杉コレクション受贈記念企画展

印判手のやきもの ~馬杉コレクション展~

令和元年10月5日(土)~令和2年1月13日(月)

開館時間:9:00~17:00(入館16:30まで)

休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、資料整理休館日12/3、年末年始12/28-1/4

入館料:一般200円 高校生以下無料

主催 瑞浪市教育委員会

お問い合わせ 陶磁資料館 0572-67-2506


2020.1.19 ひな人形づくり 瑞浪市陶磁資料館

ひな人形を粘土で作り、焼成します。

  • 時間 10時から12時
  • 定員 20名
  • 参加費 2,000円

令和元年1月19日(日曜日)

主催 瑞浪市教育委員会スポーツ文化課

お問い合わせ 陶磁資料館 0572-67-2506


マグカップ又はオカリナ又はコースターに特殊な鉛筆で絵を描きます。

各コースとも2時間程度
当日随時受け付けます。

マグカップ:600円
プチオカリナ:400円
コースター:300円

主催 瑞浪市教育委員会スポーツ文化課

お問い合わせ 陶磁資料館 電話:0572-67-2506


企画展 やきものの狛犬

平成30年12月8日(土)~平成31年2月11日(月・祝)
開館時間 9時~17時(入館は16時30分まで)
休館日 月曜日、祝日の翌日、年末年始(12/28~1/4)
入館料 一般200円・高校生以下無料
主催 瑞浪市教育委員会
問合せ 瑞浪市陶磁資料館


2018.8.11-12 瑞浪陶磁資料館で 絵つけたいけん やってみよう!

夏休みに、お子さんと一緒にいかがですか? お申し込みは、当日、窓口まで!
詳細は、以下のチラシをご参照ください(画像をクリックするとPDFファイルを表示します)。


2017.9.9-11.12 特別展「人間国宝 加藤孝造 陶・画の世界」

瑞浪市出身の人間国宝(国重要無形文化財「瀬戸黒」保持者)、加藤孝造氏の芸術の出発点は、幼い頃に地元の画塾で手ほどきを受けた油絵(油彩画)にあります。デザイン研究生として岐阜県陶磁器試験場(現 岐阜県セラミックス研究所)に勤めた頃も絵画の制作に力を注いでいましたが、試験場の場長であった五代加藤幸兵衛の言葉に天啓を受けて進路を陶芸の道へと定めました。

人間国宝となった現在の創作活動の中心は、言うまでもなく瀬戸黒や志野等の陶芸ですが、そのような中にあって近年再開した画業は日本画(墨彩画)です。気の向いた時に気軽に描くという日本画ですが、陶芸作品とも関連する創作活動です。

本展では、市が若き日に描いた油絵と岐阜県陶磁器試験場で制作した陶芸作品、また近年描いた墨彩画と瀬戸黒・志野等の陶芸作品を展示して、氏の創作活動の原点と現在をご紹介します。

なお、本展は展示期間を前期と後期に分けて実施し、展示作品14点(陶芸作品7点・絵画7点)の入れ替えを行います。(展示作品総数は約40点です。)


2016.2.19-3.19 企画展「友の会作品展」 

瑞浪市陶磁資料館友の会の会員たちが制作した様々な作品(器・オブジェ等)を展示します。(3月19日まで)


瑞浪市陶磁資料館 瑞浪市観光協会

古代から現代に至る美濃焼の歴史を、時代を追って、歴史性・化学性・創造性の3つのテーマで紹介しています。屋外には、実際に年に数回焼成(しょうせい)する登り窯や千本杵搗の大水車などが展示されています。

所在地  瑞浪市明世町山野内1-47
問い合わせ  TEL0572-67-2506
開館  9:00~17:00(入館は16時30分まで) P有り
休館  月・祝日の翌日・年末年始
入館料  一般200円 高校生以下無料 団体割引有り
アクセス  JR瑞浪駅下車徒歩30分 中央自動車道瑞浪ICより3分

瑞浪市陶磁資料館 瑞浪市観光協会
瑞浪市陶磁資料館 瑞浪市観光協会
瑞浪市陶磁資料館 瑞浪市観光協会
瑞浪市陶磁資料館 瑞浪市観光協会

周辺施設

  • 瑞浪市化石博物館

    瑞浪市化石博物館

    化石博物館の展示テーマは、2000万年にわたる自然の変遷を、化石や地質をもとに復元することです。貝類、魚類、哺乳類、植物などの化石は、かつて海だったころの瑞浪の自然の姿を私たちに教えてくれます。

    [gall…

  • 瑞浪化石野外学習地 瑞浪市観光協会

    瑞浪化石野外学習地

    土岐川の河原で、1700万年前の貝や植物などの化石を採集できます。きれいなサメの歯や大きなクジラの化石も見つかっています。化石を採集するには、化石博物館で許可を受けてください。また、採集用具(ハンマー・タガネ)は…

  • 瑞浪化石産地

    瑞浪市明世町・薬師町・松ヶ瀬町、日吉町、土岐町。新生代第三紀の地層で、中でも瑞浪層群(約1900~1500万年前)と呼ばれる地層は、哺乳類・魚類・貝類・植物等の化石を豊富に産し、貴重な化石包含地として保護されてい…

  • 瑞浪市民公園

    29.5haの市民公園には瑞浪市化石博物館、瑞浪市陶磁資料館、市之瀬廣太記念美術館、地球回廊、サイエンスワールド、市民体育館、野球場、テニスコート等多くの教育施設があります。また岸武雄著「化石山」の舞台になった化…

  • 岐阜県先端科学技術体験センター サイエンスワールド

    岐阜県が設置した施設で、先端科学技術を気軽に体験できる科学館です。体験を重視したコンセプトで、21世紀を担う青少年に科学のおもしろさ、大切さをサイエンスワークショップ(平日のみ・要団体予約)などで伝えます。

  • 瑞浪市地球回廊 瑞浪市観光協会

    瑞浪市地球回廊

    全長240mの地下ミュージアム。地球が誕生した46億年前から現在までを、パネルや模型、200インチのハイビジョンなどを駆逐して分かりやすく再現。地球の進化をタイムトリップ気分で体感すれば未来の地球が見えてきます。…

  • 戸狩横穴古墳群 瑞浪市観光協会

    戸狩横穴古墳群

    岐阜県指定史跡
    瑞浪市内には、化石を多く包含する新生代第三期の凝灰岩が所々に露出しています。
    横穴古墳は斜面に露出したこの凝灰岩を利用し、これに横穴を掘って構築されたもので、市内にはこの明世町戸狩一帯のほか、…
  • 瑞浪市陶磁資料館 登り窯

    吹き上がる炎が創る土と炎の融合美 連房式登窯

    連房式登窯は、17世紀初めごろに、美濃に導入された窯体構造で、製品を焼成する房(室)が幾つも階段状に連結しています。
    各々の房は、狭間孔と呼ばれる穴によって結ばれ…

  • 市之瀬廣太記念美術館

    瑞浪市出身の彫刻家、故市之瀬廣太氏の作品約300点を主に収蔵し、広く美術に関する知識及び教養の向上に資するとともに、氏の偉業を後世に伝える事を目的に建設。鑑賞する人と彫刻との間に楽しい語らいが生まれる施設です。

このHPの使用画像について

瑞浪のPRをしていただけるのであれば、本サイトの掲載画像を使用ください。 画像をクリックし全体写真が表示されたら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」で高解像度データーでダウンロードできます。 「画像使用申請フォーム」にて利用する旨をお知らせいただき、提供元として「Ⓒ瑞浪.com」又は「瑞浪市観光協会」を表示をしてください。よろしくお願い致します。

関連記事

土岐源氏 明智光秀

観光協会のおすすめ !

★注意 ホームページ営業について

瑞浪市観光協会をかたって、ホームページ作成の営業をかけている業者がいます。当会とは関係がありませんのでご注意ください。

瑞浪市観光大使 活動中!

瑞浪を動画で見てみよう!

美濃焼観光PRムービー


制作:多治見市・瑞浪市・土岐市

観光パンフレット

瑞芳園のおすすめは、「和紅茶 澪-mio-」。


瑞芳園のおすすめは、「和紅茶 澪-mio-」。

Twitter でフォロー

リンク用バナー

相互リンクをお願いします!詳細はお問合せ下さい。

おすすめカテゴリー

遊びと体験を楽しむ!

safety tips for pc Safety tips for smartphone

みずなみ観光タクシー

画像提供ページ

カテゴリー

ページ上部へ戻る