カテゴリー:○ 釜戸地区

  • 中切追分の道標

    中切辻の道標  この場所を中切追分といい、二本の道標は下街道(伊勢道)と中街道(中山道と下街道を結ぶ道)を示している。 右中街道を示す道標は明治15年建立。 左伊勢道を示す道標は寛政10年建立。 (瑞浪市下…
  • 大湫 神明神社

    大湫 神明神社 瑞浪市大湫町398【祭神】天照大神・仁徳天皇【例祭日】10月第1日曜日【由緒】棟札は中山道大湫宿発足直後の慶長13年(1608)の再建札を最古のものとして正保・寛文以降の三十余枚が大切に保存されて…
  • 釜戸町大久後 刈安神社

    釜戸町大久後 刈安神社 瑞浪市釜戸町3770-1(大久後)【祭神】西尾式部道永【例祭日】10月第2日曜日【由緒】刈安神社は「権現様」と呼ばれ、先の大戦中は戦勝と武運長久祈願の神様として、参拝者の列が絶えないほどで…
  • 釜戸町論栃 金鶏八幡神社

    釜戸町論栃 金鶏八幡神社 瑞浪市釜戸町2461(論栃)【祭神】誉田別命・神功皇后比咩神【例祭日】10月第2日曜日【由緒】釜戸町大島の土岐川と佐々良木川合流点から6キロメートルほど遡ったあたりに、戸数18戸ほどの論…
  • 釜戸町川戸 金比羅神社

    釜戸町川戸 金比羅神社 瑞浪市釜戸町2510-1(川戸)【祭神】大名持命【例祭日】10月第2日曜日【由緒】釜戸町川戸地区は現在15戸ほどの小さな集落であるが、上・中・下と分かれており、金比羅神社は上川戸の通学バス…
  • 釜戸町上平紅葉 大縣神社(おおあがたじんじゃ)

    釜戸町上平紅葉 大縣神社(おおあがたじんじゃ) 瑞浪市釜戸町2307(上平紅葉)【祭神】大県神【例祭日】10月第2日曜日【由緒】大縣神社の石段の下に立つと、まず目に入るのが神門の如く立つ二本の桧で、その奥に拝殿と…
  • 釜戸町平山 豊拓神社 豊拓稲荷神社

    釜戸町平山 豊拓神社 祭神 豊受大神(とようけのおおかみ)豊拓神社(ほうたくじんじゃ)瑞浪市釜戸町平山 開拓者の願いを託し神社建立 平山地区は昭和30年代になっても自動車道路がなく、陸の孤島とも言わ…
  • 釜戸町平山 八幡神社

    釜戸町平山 八幡神社 瑞浪市釜戸町5008(平山)【祭神】誉田別命【例祭日】10月第2日曜日【由緒】この神社は、現存する棟札に寛永16年(1639)8月建立と記されているから、三代将軍家光の時代に建てられた古社で…
  • 釜戸町荻之島 熊野神社

    釜戸町荻之島 熊野神社 瑞浪市釜戸町4251【祭神】伊弉諾尊【例祭日】10月第2日曜日【由緒】慶長17年(1612)伊弉諾尊を祭神として創建され、以後度々修理されてきたが、昭和35年の国道19号の新路線、更には昭…
  • 釜戸町大島 神明神社

    釜戸町大島 神明神社 瑞浪市釜戸町3093(大島)【祭神】天照大神【例祭日】10月第2日曜日【由緒】この神明神社は、延宝7年(1679)12月伊勢の大御神を勧請奉祀、旧大島村の産土神として村民の信仰が捧げられてき…
  • 釜戸町上平 若宮八幡神社

    釜戸町上平 若宮八幡神社 瑞浪市釜戸町上平2111(上平)【祭神】大鶴鷯命【例祭日】10月12日【由緒】上平の集落は、その名の通り士岐川左岸の河岸段丘の上に広がっている。この集落の中を通る県道の上平バス停から少し…
  • 釜戸町町屋 多賀神社

    釜戸町町屋 多賀神社 瑞浪市釜戸町1445(町屋)【祭神】伊邪那岐命・伊邪那美命【例祭日】10月第2日曜日【由緒】鳥居をくぐって参道を少し進むと、正面に遷座碑が建っており、そこに次のように記されている。 昭和47…
  • 釜戸町宿 神明神社

    釜戸町宿 神明神社 瑞浪市釜戸町823(宿)【祭神】天照大神【例祭日】10月第2日曜日【由緒】釜戸町宿は、中世鎌倉街道の宿場で、その西端に重畳たる巨岩の山を覆う森がある。神明神社はこの森を背にして東向きに…
  • 釜戸町公文垣内 諏訪神社

    釜戸町公文垣内 諏訪神社 瑞浪市釜戸町443-444(公文垣内)【祭神】建御名方命・八坂刀売命【例祭日】10月第2日曜日【由緒】寛文年間(1661-1673)創祀。創立年月日不詳。寛文2年(1662)2月9日美濃…
  • 馬場氏陣屋跡

    馬場氏陣屋跡  天正10年(1582)本能寺で織田信長が討たれると、たちまち世は乱れはじめました。 兼山の城主森長可は、急いで東濃各氏を攻め、自分の支配下におさめると、ここに陣屋をおきました。後に関ケ原合戦で手柄をたて…
  • 細山庚申石仏群

     石仏が5体と「庚申」「文政5年(1822)2月」と彫られた石塔があります。 …
  • 中切八幡神社

    釜戸町中切 八幡神社

     中切八幡神社は釜戸町中切地区に所在する神社で、大昔から祠が祀られていた場所に旗本馬場氏が八幡神を祀ったものといわれます。鳥居は神社の本殿へ至る階段の上り口に立てられており、鳥居の中で最も一般的な明神鳥居と呼ばれる形状…
  • 旗本馬場氏累代の墓

    旗本馬場氏累代の墓

     旗本馬場氏は、慶長5年(1600年)の関ヶ原合戦のあと、土岐・恵那・可児郡の内で1600石を知行し陣屋をここ釜戸町に置いた木曽衆の一家で、天猷寺は初代の馬場半左衛門昌次か父宮内少輔昌祐の菩提寺として建立されたものです…
  • 釜戸地名発祥の地

    釜戸地名発祥の地

     平安時代(西暦1200年頃)この洞の巨岩が、御飯を焚く「竈」に似ていることから、誰云うとなく「かまど」と呼ばれるようになった。  当時読まれた歌に「かまど」の名がうたわれている。  天地の 声のどけきは…
  • 竜吟峡 竜吟の滝

    工事により駐車場を変更しています。 平成2年4月1日よりドラゴン21(国道19号)から自然ふれあい館へのアクセス道路が河川工事のため通行止めとなっています。竜吟湖駐車場よりさわやかの小道(③→②)、七滝の小道…
  • 2015.3.29(日) きのこを栽培してみよう! 自然ふれあい館

    きのこを栽培してみよう!  原木にシイタケ、ヒラタケの菌を植え込み、自宅での管理方法を学びます。日時:平成27年3月29日(日) 9:30~12:00場所:竜吟の滝 自然ふれあい館講師:藤田 光氏定員:親子および…
  • 【客番】岩滝山 観音堂 論栃梵字碑

    室町時代に建てられた岩滝山 温光院というお寺の本尊を迎え祀っています。川のほとりに建つこの観音堂は天保11年(1840年)に建てられたものと言われ、両側に構える論栃梵字碑は、瑞浪市の有形文化財に指定されています…
  • 白狐温泉 神明水

    土岐川に面した神明水は、昔ケガをした白狐がこの泉に身を浸して治したという伝説があり、今なお湯治場の面影を残しています。泉質は単純炭酸泉でリュウマチ・高血圧・皮膚病などをはじめいろいろな病気に効くといわれ、昔からと…
  • ハナノキ自生地

    釜戸町  ハナノキはカエデ科に属し、雌雄異株で3月から4月に葉に先だって濃赤色の花を咲かせ、夏には葉の裏面の白色が白い花を思わせ、秋には紅葉が一段と鮮やかなことからハナカエデの名が付けられています。分布は国内では本…
  • ヒトツバタゴ自生地

     遠い北の国から、ことしも鶴が又やってきました。宿の庄屋の娘おさきは、とても鶴をかわいがって世話をしていました。その一羽の背中に三日月の紋のある鶴がいました。北へ帰るほんの少し前のこと、猟師に撃たれた…
  • ドラゴン21

    ドラゴン21は、竜吟峡にまつわる雄竜と雌竜の伝説をもとに、町づくり事業の一環として2001年に町民の力を集結して制作されました。高さ5.6m、その勇姿は今まさに卵から飛び出そうとしている竜をデザインしたものです。…

大河ドラマ「麒麟がくる」番組展

観光協会のおすすめ !

★注意 ホームページ営業について

瑞浪市観光協会をかたって、ホームページ作成の営業をかけている業者がいます。当会とは関係がありませんのでご注意ください。

瑞浪市観光大使 活動中!

瑞浪を動画で見てみよう!

瑞浪の動画

瑞浪の動画(35本)公開中!!

観光パンフレット

Twitter でフォロー

リンク用バナー

<!–瑞浪市観光協会バナー–>
<a href=”https://xn--w0w51m.com/” target=”_blank”><img src=”https://xn--w0w51m.com/banner-mizunami.png”></a>
<!–ここまで–>
相互リンクをお願いします!詳細は<a href=”http://瑞浪.com/toiawase/”>お問合せ</a>下さい。

遊びと体験を楽しむ!

safety tips for pc Safety tips for smartphone

みずなみ観光タクシー

画像提供ページ

カテゴリー

ページ上部へ戻る