萩原 八幡神社

瑞浪市稲津町萩原1593
【祭神】誉田別命
【境内社】神明神社・萩原祖霊杜・若宮神社・郷里神社
【例祭日】10月第2日曜日
【由緒】元徳元年(1331)9月15日後醍醐天皇の御代、願主、工藤惣兵衛常重により勧請すとあるが詳細は不明。昭和27年には萩原孫二郎国実公一族を祖先神として萩原祖霊社を創建した。萩原地区等の氏子の祖霊を春秋の祭礼時に、合祀される。
(岐阜県神社名鑑より)

祭神 譽田別命(ほむたわけのみこと)
八幡神社
瑞浪市稲津町萩原1593番地

萩原の産土様や古杉あり
 旧県道沿い、萩原の最初の集落、小井戸のはずれの北側に、3人でも抱えられない程の老杉(樹齢約700年)が一本歴史を語るように立っております。

中興三百年祭を賑やかに
 此のお宮は元徳元年(1329)9月15日後醍醐天皇の御代、工藤惣兵衛常重が勧請したとありますが詳細は不明です。しかし、貞享元年(1684)の棟札に次のように記されております。
「美濃国土岐郡萩原村に鎮り護り給へるは八幡大菩薩である、造営も供行も絶えはてて修理したり補修など怠って年久しくなった。こうした状態を里の人達は身すてる事が出来ず、皆の力を出し合って再建が、うまく出来あがるようにかみ様に祈った。」
 これを知った氏子一同、協議に協議を重ね、昭和58年10月に中興三百年祭を斎行しました。当日は、稚児の数270人と、萩原の歴史始まって以来の賑わいとなりました。
 長い石段の左右には樫の大木が繁り空も見えません。80段ほど上りつめると、広々とした広場に着きます。正面が拝殿その奥に本殿、西側が社務所、その北に萩原祖霊社があります。

近郷に無い祖霊社
 先の大戦が終わって間のない、昭和27年に此の祖霊社が建立され、萩原孫二郎国実公一族を祖神とし、萩原の祖霊2231柱(平成10年3月現在)を奉斎して、春には例祭と合祀祭。秋には例祭と合祀祭、式年祭を斎行しています。祖霊を敬う子孫が、広庭も狭いほど参集して、厳かに祭が斎行されております。

鎮守の祭
 昭和10年代までの秋祭には何処も彼処も馬の背中に「おまんと」 を高々と飾り神前にお参りしたものですが、当社も馬に替り子供御輿と、投餅のみとなり寂しい思いです。しかし、昔の形を残し賑やかにお祭が出来ることは、大変ありがたく思っております。
(瑞浪市の神社[H10発行]より)

このHPの使用画像について

瑞浪のPRをしていただけるのであれば、本サイトの掲載画像を使用ください。 画像をクリックし全体写真が表示されたら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」で高解像度データーでダウンロードできます。 「画像使用申請フォーム」にて利用する旨をお知らせいただき、提供元として「Ⓒ瑞浪.com」又は「瑞浪市観光協会」を表示をしてください。よろしくお願い致します。

関連記事

観光協会のおすすめ !

★注意 ホームページ営業について

瑞浪市観光協会をかたって、ホームページ作成の営業をかけている業者がいます。当会とは関係がありませんのでご注意ください。

瑞浪市観光大使 活動中!

瑞浪を動画で見てみよう!

観光パンフレット

Twitter でフォロー

リンク用バナー

相互リンクをお願いします!詳細はお問合せ下さい。











遊びと体験を楽しむ!

safety tips for pc Safety tips for smartphone

みずなみ観光タクシー

画像提供ページ

★注意 ホームページ営業について

瑞浪市観光協会をかたって、ホームページ作成の営業をかけている業者がいます。当会とは関係がありませんのでご注意ください。

ページ上部へ戻る