日吉町本郷 神明神社

瑞浪市日吉町133
【祭神】天照大御神
【境内社】熊野神社
【例祭日】4月中旬日曜日
【由緒】創立年月日不詳であるが、寛文九年(1669)己酉霜月五日の創立の棟札があり、古来村社、更に明治六癸酉年五月十五日村社格に列する。昭和21年政教分離により村社の社格自然消滅。神社本庁所属として今日に至る。平成4年、拝殿幣殿改築、推定樹齢七百年余、樹高60メートルの市指定文化財熊野杉がある。
(岐阜県神社名鑑より)

祭神 天照大御神(あまてらすおおみかみ)
神明神社
瑞浪市日吉町133番地(本郷)

大杉と古井戸に神威を覚える
 県道大西線を明世町月吉から日吉へ入って数百メートル進むと神明神社の前です。
 美しい形の神明鳥居は、昭和天皇が立太子礼を執り行われた記念として、大正5年に建てられたものです。
 桧の肌の美しい拝殿は、平成の御大典記念事業として建て直され、境内のまわりの石玉垣も同時に設けられました。
 この神明神社でまず目につくのは大きな杉の木です。推定樹齢七百年、樹高約六十メートルという巨木で、市指定の文化財となっています。そして、その根元近くに古い井戸があります。
 昔、おくま婆という旅人がこの地で病気になってしまったので、神明神社の井戸水をいただいては病気平癒を祈願していたところ、その効あってすっかり治りました。そこでお礼に熊野から杉苗を取り寄せて植えたのがこの杉だと伝えられています。
 また、井戸からは毎年8月15日祭礼の日になると塩水が噴き出たので、その塩水で神馬を清めたといわれます。
 昭和32年まではこの風習を受け継いで、祭礼に出る馬を清めていましたが、飼馬がいなくなったためにその伝統も絶えてしまいました。
 本殿は間口0.9メートルの桧皮葺流造で、覆殿に守られています。
 棟礼によると、神明神社の建立は寛文9年(1669)で、宝暦6年(1756)に建て直されていますが、その再建棟礼の裏に次のような話が記されています。
 造営の事ありける時、古き社内に蜂の巣ありて人の寄る事叶はず、いかにせんと是を問ふに一夜の内に数万の山蜂立さりて聊も障りなし、かかる神力を末代に知らしめんとはかり。
虻蜂の邪気やしづめて森の月
峯松館寸志 敬白
 本殿の後ろは巨大な石柱を立て並べたような岩山になっており、そこに伊邪那美神を祭神とする末社熊野神社が祀られています。
(瑞浪市の神社[H10発行]より)

このHPの使用画像について

瑞浪のPRをしていただけるのであれば、本サイトの掲載画像を使用ください。 画像をクリックし全体写真が表示されたら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」で高解像度データーでダウンロードできます。 「画像使用申請フォーム」にて利用する旨をお知らせいただき、提供元として「Ⓒ瑞浪.com」又は「瑞浪市観光協会」を表示をしてください。よろしくお願い致します。

関連記事

観光協会のおすすめ !

★注意 ホームページ営業について

瑞浪市観光協会をかたって、ホームページ作成の営業をかけている業者がいます。当会とは関係がありませんのでご注意ください。

瑞浪市観光大使 活動中!

瑞浪を動画で見てみよう!

観光パンフレット

Twitter でフォロー

リンク用バナー

相互リンクをお願いします!詳細はお問合せ下さい。











遊びと体験を楽しむ!

safety tips for pc Safety tips for smartphone

みずなみ観光タクシー

画像提供ページ

★注意 ホームページ営業について

瑞浪市観光協会をかたって、ホームページ作成の営業をかけている業者がいます。当会とは関係がありませんのでご注意ください。

ページ上部へ戻る