日吉町細久手 日吉・愛宕神社

瑞浪市日吉町7853-2
【祭神】大山咋神・火産霊神
【例祭日】9月最終日曜日
【由緒】文禄4年(1595)正月13日夜、国枝与右衛門重圓なる者、霊夢により日吉大神並びに愛宕大神を相殿(三戸前)に祭鎮し、祠宇を創建して以来村社。更に明治6年5月15日村社の格に列した。
(岐阜県神社名鑑より)

祭神 大山咋神(おおやまぐいのかみ) 火産霊神(ほむすびのかみ)
日吉 ・愛宕 神社
瑞浪市日吉町7853番地の2(細久手)

400年前霊夢によって勧請
 細久手は、かって中山道の宿として日吉郷の中心であったことはご承知の通りです。
 慶長15年(1610)に江戸から48番目の宿として正式に成立しましたが、日吉神社はそれより15年前の文禄4年に創建されました。
 細久手宿の開祖となっている国枝與左衛門が、文禄4年(1595)正月13日の夜、北嶺に燦然と輝く光の中から二柱の神が現れ、江州(ごうしゅう)坂本の山王と城州愛宕(じょうしゅうあたご)の神であると告げられる霊夢を見ました。彼は慄然として目覚め、その後日夜二神を敬仰していましたが、8月になって、夢の中の北嶺に二柱の神を祀りました。これが日吉神社創建の由緒です。
 江州の山王というのは、今の大津市にある日吉大社の大山咋神、愛宕の神というのは、京都愛宕神社の火産霊神ですから、社号標には日吉、愛宕と並べてありますが、公式には日吉神社となっています。
 このように、国枝與左衛門という人は細久手の大恩人ということで、その顕彰碑が参道入口の西にあり、毎年護国の英霊と共に、その慰霊の祭が行われております。
 石鳥居と木製の両部鳥居をくぐって参道を登ると、社務所のある広場に出ます。一段高い所に社殿が建てられ、玉垣の中に寛永や寛政時代の古い燈籠を見ることができます。

賑わう津島神社の祭り
 境内社として、内々神社、秋葉神社、津島神社、多賀神社、北野神社等が祀られていますが、津島神社の祭礼は細久手挙げての大祭となります。
 毎年七月中旬、午前中に祭典が行われ、暗くなるのを待って、提灯を飾り立てた立派な船型の山車が曳き出されます。道の両側の家々にも提灯の灯がともります。山車の上で若衆がお囃子を演じ、ぎいぎいと船が曳かれていくと、沿道を埋めた人々から拍手が湧き、次々と祝儀袋が差し出されます。正に歴史の里、細久手を象徴する祭といえるでしょう。(現在は提灯祭りは中断中)
 江戸時代には、津島神社を庚申堂の境内に祀って祭をしていましたが、明治八年に現在地へ移し、津島本社に倣った盛大な祭になりました。
(瑞浪市の神社[H10発行]より)

このHPの使用画像について

瑞浪のPRをしていただけるのであれば、本サイトの掲載画像を使用ください。 画像をクリックし全体写真が表示されたら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」で高解像度データーでダウンロードできます。 「画像使用申請フォーム」にて利用する旨をお知らせいただき、提供元として「Ⓒ瑞浪.com」又は「瑞浪市観光協会」を表示をしてください。よろしくお願い致します。

関連記事

観光協会のおすすめ !

★注意 ホームページ営業について

瑞浪市観光協会をかたって、ホームページ作成の営業をかけている業者がいます。当会とは関係がありませんのでご注意ください。

瑞浪市観光大使 活動中!

瑞浪を動画で見てみよう!

観光パンフレット

Twitter でフォロー

リンク用バナー

相互リンクをお願いします!詳細はお問合せ下さい。











遊びと体験を楽しむ!

safety tips for pc Safety tips for smartphone

みずなみ観光タクシー

画像提供ページ

★注意 ホームページ営業について

瑞浪市観光協会をかたって、ホームページ作成の営業をかけている業者がいます。当会とは関係がありませんのでご注意ください。

ページ上部へ戻る