十三峠の三十三観音

 険しい山坂の連続する十三峠は、旅人ばかりでなく、宿や助郷の人馬役のものにとっても大変な道でした。この観音仏は人馬の道中安全を祈って建てられたものですが、寄進者の中に定飛脚才領中や中馬連中の名もあり、中山道にある石造物の中でも学問上貴重なもののひとつです。

十三峠の三十三所観音石窟

 大湫宿と大井宿の間の三里半(約13.5km)は、険しい山坂の連続する「十三峠」と呼ばれる尾根道で、中山道を行き交う人馬が難渋した場所でした。
 ここには、道中安全を祈って天保11年(1840)に建立された観音石窟があり、三十三体の馬頭観音は、大湫宿内の馬持ち連中と助郷に関わる近隣の村々からの寄進です。大手運送業者の定飛脚嶋屋(じょうひきゃくしまや)・京屋(きょうや)・甲州屋を始め、奥州・越後の飛脚才領(ひきゃくさいりょう)、松本や伊那の中馬連中が出資者に名を連ね、中山道の往時を偲ばせる貴重な史跡です。
 瑞浪市

(現地看板より)

大湫十三峠阿波屋三十三観世音石窟仏

 中山道順礼坂を登りつめた平担地の北側に阿波屋(あわや)の観音様がある。天保十一年子、定飛脚(じょうひきゃく)島屋才領(さいりょう)中、釜戸馬持中、小里馬持中、土岐馬持中、山田馬持中など観音像の台石に刻銘があり、馬頭観世音菩薩像が三十三体、五段に祀ってある。これらは往時の助郷(すけごう)制度に深い関係があるものと思われる。
(『瑞浪の石造物』より)

阿波屋の茶屋跡

 曽根松坂を下ると「阿波屋のおつる婆の出茶屋跡」、そして「三十三所観音石窟」がある。

十三峠の三十三所観音石窟

 曽根松坂の西、阿波屋の出茶屋跡に並んで石室内に祀られているのが天保十一年(一八四〇)建立の十三峠の三十三所観音と呼ばれている観音石窟である。
 祀られている三十三躰の観音石像は、宿内の伝馬役と助郷村の寄進である。建立に当っては現在の大手私鉄に当る定飛脚の嶋屋・京屋・甲州屋のほか、奥州・松本・伊奈・彦根飛脚才領中も協力しているという珍しい、貴重な史跡でもある。
(『瑞浪市の中山道ガイドブック』より)

このHPの使用画像について

瑞浪のPRをしていただけるのであれば、本サイトの掲載画像を使用ください。 画像をクリックし全体写真が表示されたら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」で高解像度データーでダウンロードできます。 「画像使用申請フォーム」にて利用する旨をお知らせいただき、提供元として「Ⓒ瑞浪.com」又は「瑞浪市観光協会」を表示をしてください。よろしくお願い致します。

関連記事

観光協会のおすすめ !

★注意 ホームページ営業について

瑞浪市観光協会をかたって、ホームページ作成の営業をかけている業者がいます。当会とは関係がありませんのでご注意ください。

瑞浪市観光大使 活動中!

瑞浪を動画で見てみよう!

観光パンフレット

Twitter でフォロー

リンク用バナー

相互リンクをお願いします!詳細はお問合せ下さい。











遊びと体験を楽しむ!

safety tips for pc Safety tips for smartphone

みずなみ観光タクシー

画像提供ページ

★注意 ホームページ営業について

瑞浪市観光協会をかたって、ホームページ作成の営業をかけている業者がいます。当会とは関係がありませんのでご注意ください。

ページ上部へ戻る