いざさらば 雪見にころぶ ところまで
 この句碑は、元冶元年(1864)光春院の売仏和尚を中心とする句会グループによって建てられた句碑である。

(瑞浪市下街道マップより)

 元治元年(一八六四)には、名滝稲荷山東麓の、大岩地内に、公文垣内村内有志と共に俳聖句碑を建立した。
 いざさらば 雪見にころぶ ところまで
  花月坊書
 右側面に、補助四方諸君子 左側面 釜戸公文垣内 村中建立
願主売仏。句碑の高さ八八・五cm、巾三五・五cm、奥行三十cm、大岩の岩上に建立され、木曽連峯がよく見え、景観は一層よい。

(瑞浪の石造物より)

 元治元年(一八六四)には名滝稲荷山の東麓、公文垣内地内に村内有志と「いざさらば…」の俳聖句碑を建てて、芭蕉の一七〇年忌供養をし、その句は美濃派(以哉派)一五世化月坊(梅仙・梅故・国井氏、句碑には花月坊とす)が筆をとっている。
 さらに、慶応四年(明治元年・一八六八)には花輪らと光春院で東濃大句会を催しており、この旬会には東・中濃も含めて三八人が参加している。

(瑞浪市史 歴史編より)

このHPの使用画像について

瑞浪のPRをしていただけるのであれば、本サイトの掲載画像を使用ください。 画像をクリックし全体写真が表示されたら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」で高解像度データーでダウンロードできます。 「画像使用申請フォーム」にて利用する旨をお知らせいただき、提供元として「Ⓒ瑞浪.com」又は「瑞浪市観光協会」を表示をしてください。よろしくお願い致します。

関連記事

観光協会のおすすめ !

★注意 ホームページ営業について

瑞浪市観光協会をかたって、ホームページ作成の営業をかけている業者がいます。当会とは関係がありませんのでご注意ください。

瑞浪市観光大使 活動中!

瑞浪を動画で見てみよう!

観光パンフレット

Twitter でフォロー

リンク用バナー

相互リンクをお願いします!詳細はお問合せ下さい。











遊びと体験を楽しむ!

safety tips for pc Safety tips for smartphone

みずなみ観光タクシー

画像提供ページ

★注意 ホームページ営業について

瑞浪市観光協会をかたって、ホームページ作成の営業をかけている業者がいます。当会とは関係がありませんのでご注意ください。

ページ上部へ戻る