釜戸町論栃 金鶏八幡神社

瑞浪市釜戸町2461(論栃)
【祭神】誉田別命・神功皇后比咩神
【例祭日】10月第2日曜日
【由緒】釜戸町大島の土岐川と佐々良木川合流点から6キロメートルほど遡ったあたりに、戸数18戸ほどの論栃という集落があり、その産土様金鶏八幡神社は、近くの山の麓に鎮座している。この神社には、今では珍しくなった舞台がある。昔の秋祭には村芝居が上演され、集落の人々は、それをとても楽しみにしていた。棟札では、延宝5年(1677)12月創立となっているが、もっと古くから祭礼の場所であったことが窺われる。
(岐阜県神社名鑑より)

祭神 應神天皇(おうじんてんのう) 神功皇后(じんぐうこうごう) 比咩神
八幡神社(金鶏八幡神社)
瑞浪市釜戸町2461番地(論栃)

頼政伝説を伝えるお社
 釜戸町大島の土岐川と佐々良木川合流点から6キロメートルほど遡ったあたりに、戸数18戸ほどの論栃(ろんどち)という集落があり、その産土様金鶏(きんけい)八幡神社は、近くの山の麓に鎮座しておられます。
 この神社には、今では珍しくなった舞台があります。昔の秋祭には村芝居が上演され集落の人々は、それをとても楽しみにしていました。
 今から800年ほど前、源三位頼政という武士がこの地を治めていました。その頃、京の都では御所の空に黒い雲がたちこめて、帝(みかど)が高い熱にうなされていました。雲の中に魔物がいて帝を苦しめているというのです。頼政が占ってもらったところ、33の斑の尾を持つ山鳥を探し、その尾羽根を使った矢で魔物を射れば、退治できるという事でした。
 頼政は論栃の東山でこの山鳥をみつけ、8本の矢でまずこの山鳥を射とめました。8本の矢を射たということで、その地が八本ヶ射と呼ばれるようになりました。その山鳥の亡骸を埋めた所に地元の人が社を祀りました。この八幡神社がその場所だということです。
 山鳥を追い出した犬は、鳥の毒に当たって死に、釜戸町芝原に埋められました。今も犬塚として残っています。
 頼政はその矢を持って都へ帰り、御所の屋根に上って黒い雲に向かい、力強く弓を引きました。矢は見事に雲の中の魔物に当たり、御所の前庭に転げ落ちてきたのです。見ると、その魔物は頭が猿、体は狸、足は虎、尾は蛇という怪物で、ヌエという名がつけられました。
 魔物が退治されると、帝の病はたちまちよくなりました。
 魔物を射殺すほどの力を持つ山鳥を祀ったことから、この社が金鶏八幡と呼ばれるようになったということです。
 棟札では、延宝5年12月(1677)創立となっていますが、もっと古くから祭礼の場所であったことがうかがわれます。
(瑞浪市の神社[H10発行]より)

錦鶏八幡神社

 源三位頼政の錦鶏伝説にまつわる神社。近在には、「鷹外れ」「犬塚」など伝説にまつわる地名も残っています。

(釜戸再発見mapより)

灯籠

釜戸町論栃錦鶏八幡社(享保四・1719・対・円・論栃村中島氏)

(ふるさとの石碑と灯篭より)

このHPの使用画像について

瑞浪のPRをしていただけるのであれば、本サイトの掲載画像を使用ください。 画像をクリックし全体写真が表示されたら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」で高解像度データーでダウンロードできます。 「画像使用申請フォーム」にて利用する旨をお知らせいただき、提供元として「Ⓒ瑞浪.com」又は「瑞浪市観光協会」を表示をしてください。よろしくお願い致します。

関連記事

観光協会のおすすめ !

★注意 ホームページ営業について

瑞浪市観光協会をかたって、ホームページ作成の営業をかけている業者がいます。当会とは関係がありませんのでご注意ください。

瑞浪市観光大使 活動中!

瑞浪を動画で見てみよう!

観光パンフレット

Twitter でフォロー

リンク用バナー

相互リンクをお願いします!詳細はお問合せ下さい。











遊びと体験を楽しむ!

safety tips for pc Safety tips for smartphone

みずなみ観光タクシー

画像提供ページ

★注意 ホームページ営業について

瑞浪市観光協会をかたって、ホームページ作成の営業をかけている業者がいます。当会とは関係がありませんのでご注意ください。

ページ上部へ戻る