釜戸町西大島(釜戸小学校北側の裏山)にある妙見宮石仏合龕は、元文三年(1738)にできたもので、基礎の上に、両側壁及び、壁をもって内部を構成し、その上に四柱造り、前面、唐破風(からはふう)附の屋根石を置き、別に棟石がついており、間ロ36cm、奥行26cm、高さ57cmの、小じんまりした仏龕で、奥壁の正面には、騎馬乗の妙見像を厚肉彫り(レリーフ)にし、その左右の側壁には、左側に、地蔵尊像の立像を、右側に、不動明王の立像を浮き彫りにして、相対せしめ、両側には各一行ずつ、元文三戊年、五月二四日、の刻銘がある。
 なお同地域には、入母屋造りの、石洞が一基妙見宮と刻したものがあり、また 入母屋造りの笠を置いた灯寵が一基あり、それの刻銘に
 元文四己末九月三日
   泉 州 山内兵右衛門
   大島村 大山平兵衛 とある。
 妙見宮は、北辰(北極星)を仏化せる妙見像を本地とし、建稲穂命を垂跡したもので、命は日本武尊御東征の副将として東夷征伐の大功神にあたる。

(瑞浪の石造物より)

妙見様(愛宕[あたご]社 勝軍地蔵)

 元文3年(1738)建立。正面に馬上姿の勝軍地蔵、右に愛染明王、左に地蔵菩薩が彫られています。小さな石の厨子ですが、三仏の浮彫は見事なものです。

(釜戸再発見mapより)

灯籠

釜戸町大島愛宕社境内(元文四・一七三九・単・自然石・泉州山内兵右衛門)

釜戸町大島愛宕様境内(元文四.一七三九・単・大島村大山氏・石工泉州山内兵右衛門)

 釜戸小学校裏の元文三年(一七三八)の愛宕社石龕にお詣りしましょう。ここの馬上姿の勝軍地蔵ら三尊の浮彫は見事で、ここの翌四年の境内灯篭に石工泉州山内氏とあり、三尊も同氏の手になるものと考えられます。

(ふるさとの石碑と灯篭より)

 大島の「愛宕石龕」は元文三年(一七三八)に建立されているが、合龕内の正面愛宕権現(将軍地蔵)、右手の愛染明王、左手の地蔵菩薩の彫刻は見事。

(瑞浪市史 歴史編より)

このHPの使用画像について

瑞浪のPRをしていただけるのであれば、本サイトの掲載画像を使用ください。 画像をクリックし全体写真が表示されたら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」で高解像度データーでダウンロードできます。 「画像使用申請フォーム」にて利用する旨をお知らせいただき、提供元として「Ⓒ瑞浪.com」又は「瑞浪市観光協会」を表示をしてください。よろしくお願い致します。

関連記事

観光協会のおすすめ !

★注意 ホームページ営業について

瑞浪市観光協会をかたって、ホームページ作成の営業をかけている業者がいます。当会とは関係がありませんのでご注意ください。

瑞浪市観光大使 活動中!

瑞浪を動画で見てみよう!

観光パンフレット

Twitter でフォロー

リンク用バナー

相互リンクをお願いします!詳細はお問合せ下さい。











遊びと体験を楽しむ!

safety tips for pc Safety tips for smartphone

みずなみ観光タクシー

画像提供ページ

★注意 ホームページ営業について

瑞浪市観光協会をかたって、ホームページ作成の営業をかけている業者がいます。当会とは関係がありませんのでご注意ください。

ページ上部へ戻る