釜戸 阿弥陀堂

この場所には昔、中世からある西光寺という古寺があったが、元亀2年(1571)武田軍に焼かれ、その後、帝京4年(1687)焼失を免れた本尊を祀る阿弥陀堂が再建されたと伝えられている。なお、このお堂には、願主足立岩次の市内外合わせて八人による狂俳6O句の奉訥句額がある。足立岩次氏は、荻之島出身で天保から明治にかけて荻之島焼の名で岩村藩御庭窯師となり、安政5年(1858)北海道函館に渡って函館焼の陶祖となった人で、帰郷後は、政府の要望で電信用碍子の製造に技を振るった。

(瑞浪市下街道マップより)

下切 阿弥陀堂

元亀2年(1571)に焼失した西光寺を前身とし、貞享4年(1687)焼失を逃れた本尊を祀るために建てられたと伝えられています。ここに奉納された安政句額は市内でも貴重なものです。

(釜戸再発見mapより)

このHPの使用画像について

瑞浪のPRをしていただけるのであれば、本サイトの掲載画像を使用ください。 画像をクリックし全体写真が表示されたら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」で高解像度データーでダウンロードできます。 「画像使用申請フォーム」にて利用する旨をお知らせいただき、提供元として「Ⓒ瑞浪.com」又は「瑞浪市観光協会」を表示をしてください。よろしくお願い致します。

関連記事

観光協会のおすすめ !

★注意 ホームページ営業について

瑞浪市観光協会をかたって、ホームページ作成の営業をかけている業者がいます。当会とは関係がありませんのでご注意ください。

瑞浪市観光大使 活動中!

瑞浪を動画で見てみよう!

観光パンフレット

Twitter でフォロー

リンク用バナー

相互リンクをお願いします!詳細はお問合せ下さい。











遊びと体験を楽しむ!

safety tips for pc Safety tips for smartphone

みずなみ観光タクシー

画像提供ページ

★注意 ホームページ営業について

瑞浪市観光協会をかたって、ホームページ作成の営業をかけている業者がいます。当会とは関係がありませんのでご注意ください。

ページ上部へ戻る