十三峠 尻冷しの地蔵尊

 昔の旅人にとって道中の飲み水は大切でした。山坂の多い十三峠では特に大切であり、ここの清水は大変貴重とされました。この地蔵尊は、そんな清水に感謝して建てられたものですが、ちょうど清水でお尻を冷しているように見えるところからこんな愛称で親しまれてきました。
(現地看板より)

尻冷しの地蔵 大湫町 中山道筋

 大湫宗昌寺を右に見てから寺坂、山の神坂、しゃれこ坂の急坂を登り切ると地蔵ヶ坂に尻ひやしの地蔵がある。うっ蒼と繁った杉木立ちの中に、ひときわ太い老杉、その下に泉ありコンコンと清水がわいている。
 像高80cm、巾37cm、右手に錫杖、左手に宝珠、仏像巾18cm、顔面長7cm、宝永8年卯四月六日(1711)台石に、日吉村・大久午小栗某とある。
 慶長8年(1603)十三峠を改修して翌9年工なり大湫宿設置。
 山坂の連続する難儀な道の中の「オアシス」ともいうべき所に、この地蔵の立てられたことは意義が深い。
(『瑞浪の石造物』より)

尻冷やしの地蔵様

 三十三所観音の西、観音坂の小坂を下るとお助け清水・尻冷やしの地蔵様である。十三峠は難所の上に水場の少ない峠道であったから、夏期の人馬や旅人は特に難渋した。
 宝永8年(1711)伊勢国久居の豪商熊野屋一家もその一人で、急病の夫人がここの僅かな清水で助かったことから地蔵様を建立したと伝え、小池を「お助け清水」、地蔵様を「尻冷やしの地蔵様」と呼んで十三峠の名所の一つであった。
 道はこの西方で車道(農免道)と交叉するが、車道を右折(北)すると中山道GC・神田集落、南進すると大漱宿への車道で、中山道は土道で八丁坂の急坂を右手へ上る。
(『瑞浪市の中山道ガイドブック』より)

このHPの使用画像について

瑞浪のPRをしていただけるのであれば、本サイトの掲載画像を使用ください。 画像をクリックし全体写真が表示されたら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」で高解像度データーでダウンロードできます。 「画像使用申請フォーム」にて利用する旨をお知らせいただき、提供元として「Ⓒ瑞浪.com」又は「瑞浪市観光協会」を表示をしてください。よろしくお願い致します。

関連記事

観光協会のおすすめ !

★注意 ホームページ営業について

瑞浪市観光協会をかたって、ホームページ作成の営業をかけている業者がいます。当会とは関係がありませんのでご注意ください。

瑞浪市観光大使 活動中!

瑞浪を動画で見てみよう!

観光パンフレット

Twitter でフォロー

リンク用バナー

相互リンクをお願いします!詳細はお問合せ下さい。











遊びと体験を楽しむ!

safety tips for pc Safety tips for smartphone

みずなみ観光タクシー

画像提供ページ

★注意 ホームページ営業について

瑞浪市観光協会をかたって、ホームページ作成の営業をかけている業者がいます。当会とは関係がありませんのでご注意ください。

ページ上部へ戻る