2018.8.3-5 みずなみ陶土フェスタ 第21回 クレイオブジェコンテスト

第21回クレイオブジェコンテスト グランプリは The Transit!

8月3日(金)~5日(日)に、みずなみ陶土フェスタ2018「第21回クレイオブジェコンテスト」が開催されました。3日の正午、スタートの合図とともに制作を開始。1トンの粘土を使い、48時間で作品を仕上げます。

今回の参加は、地元をはじめとして、遠くは京都、神奈川、東京からの参加チームも交え、全15チーム。そのうち初参加が6チームということで、新たな作風・展開に期待が寄せらせました。
(1日目)開会式

(1日目)制作開始~懇親会 (2日目)制作 (3日目)制作終了・表彰式

優勝は、東京都から参加した、The Transitの「瑞浪白狐ものがたり」。白狐温泉神明水の起源となった白狐をダイナミックに表現しました。
瑞浪商工会議所会頭賞は、昨年の優勝チーム 土んちゅ の 「いのちをつなぐ」。小さな動物ひとつひとつを丁寧に作る細かい描写が審査員や道行く人の目を引きました。
そして、一般投票が一番多かったチームに送られる感動賞は、今回初参加のチームZによる、「ジュラ誕生」。恐竜が卵の殻を破って生まれてくる姿を力強く表現しました。

※ すべての作品一覧につきましては、後日掲載させていただきます。

例年にない猛暑の中、体調に気をつけながら戦い抜いた48時間。
参加者の皆さん、本当にお疲れさまでした。
来年もご参加をお待ちしています!


クレイオブジェコンテスト参加者募集中!!(締め切りました)

あなたも人の心に残る『すごい』オブジェを
この夏、『陶器の街・みずなみ』で創ってみませんか。

参加無料
グランプリ 奇想の彫刻家『天野裕夫』氏作トロフィー
& 賞金80万円

■クレイオブジェコンテストとは?
陶器の原材料となる陶土(約1t)を使用し、
高さ2m未満、横1.8m、奥行き0.9mのオブジェを48時間で制作。
■クレイオブジェコンテスト制作時間
8月3日(金)正午~5日(日)正午まで(48時間)
■会 場  岐阜県瑞浪市寺河戸町市道公園線
■募集チーム数 最大15チーム(1チーム10名以内)
■参加資格 高校生以上(但し、高校生は保護者同伴)
■応募方法 みずなみ陶土フェスタホームページからお申し込みください。
■応募・デッサン締切 6月20日(水)必着
■応募作品について
応募作品の著作権につきましては、主催者に帰属します。

詳細は、
www.mzcci.or.jp/toudofesta/


2017.8.4-6 みずなみ陶土フェスタ 第20回 クレイオブジェコンテスト

みずなみ陶土フェスタ 第20回 クレイオブジェコンテスト

今年は、瑞浪チームが3チーム参加するなど、近隣の参加者を多い中、京都からも2チーム参加し、11チーム80名が、グランプリを目指して48時間を戦いました。
4日(金)の正午にスタートが告げられ、まずはどのチームも骨組み・土台作りからスタート。

夜に開催された参加者交流会には、半原かぼちゃプリンと瑞浪ボーノポークハムが準備され、瑞浪の名産品を味わいながら和やかな雰囲気でスタート。それぞれのチームが今回の作品についての思いや抱負を語りました。
昨年に引き続き、大湫町出身の彫刻家・天野裕夫審査員長にもご出席いただきました。トロフィーに使った木についての説明(大湫町神明神社の御神木だそうです)や、芸術家として日頃考えていること等を語られ、参加者は真剣な眼差しで熱心に聞き入りました。

台風の影響で時折豪雨に見舞われましたが、参加者はそれぞれに工夫を凝らして雨から作品を守り、長時間にわたる格闘の末、思いのこもったオブジェを作り上げました。

8時間経過した7日正午に終了が告げられ、一般の審査投票や、天野審査委員長をはじめする8名の審査員による厳正な審査の結果、各賞が決定!

作品タイトル『街角のアコーディオン弾き』を制作した地元瑞浪の『土人(つちんちゅ)』が見事グランプリ獲得!賞金80万円を手にしました。メルヘンチックで夢を感じさせるとともに、構成とバランスと仕上がりの良さが評価されました。

以下、全11作品です。皆さん、来年もぜひ参加してくださいね!


参加ご応募いただきありがとうございました。お申し込みをいただいた皆様には順次ご連絡をさせていただきます。 詳しくは>こちら(瑞浪商工会議所のHPを表示します)


みずなみ陶土フェスタ2016 第19回 クレイオブジェコンテスト

8月5日正午、焼けつくような夏の陽射しの下、汗だくになりながら骨組み・土台作りが始まりました。
初日夜に開催された参加者交流会には、天野裕夫審査委員長が出席。今回特別に作成いただいたトロフィーについて天野先生からの説明を熱心に聞き、「絶対にグランプリを取る!」という意気込みを新たにした参加者が多数見られました。

2日目夕方にはバケツをひっくり返したような突然の豪雨が! それをものともせず作品作りに集中。その姿に来場客はもちろんスタッフも心から感銘を受けました。

48時間経過した7日正午に終了が告げられ、天野審査委員長ほか6名の審査員による厳正な審査の結果、タイトル『祭囃子が聞こえるか』を制作した『ねん☆どぶ』が見事グランプリに輝き、賞金80万円を獲得! お祭りの賑わいや躍動感がよく表現出来ていることと作り込みの細やかさが評価されました。一番多くの一般審査票を集めた『感動賞』を受賞したのは、多治見市から参加した「ノンダクレイズ」の「ぼくたちも、竜宮城へつれていって」でした。

来年は20回記念となります。より多くの皆様のご参加をお待ちしています!
入賞チーム一覧と出場チーム作品一覧は、瑞浪商工会議所HP クレイオブジェコンテスト一覧をご参照ください。

★グランプリ 「祭囃子が聞こえるか」ねん✩どぶ(東京都世田谷区)

★瑞浪商工会議所会頭賞 「鬼神龍神」京美人(京都府南丹市)
京美人
受賞おめでとうございます!

天野裕夫先生作のトロフィー

天野裕夫先生作のトロフィー


クレイオブジェコンテストにたくさんのお申し込みをいただきありがとうございました。
今年は13チームの出場が決定しました。

審査委員長天野裕夫先生作のトロフィーは誰のもとに!?
真夏の48時間耐久コンテスト、皆様是非お出かけください。
【会場】岐阜県瑞浪市寺河戸町 市道公園線
お問い合わせ先 みずなみ陶土フェスタ実行委委員会事務局 0572-67-2222(瑞浪商工会議所内)
「クレイオブジェ」で検索
みずなみ陶土フェスタHP → www.mzcci.or.jp/event/toudofesta/index.html


みずなみ陶土フェスタ2015 第18回 クレイオブジェコンテスト

クレイオブジェコンテスト2015

★グランプリ 「すくわれてたまるか」広デガンバローズ(名古屋市)
★瑞浪商工会議所会頭賞 「はっけよいロボった」大人ねんど倶楽部
受賞おめでとうございます。

瑞浪美濃源氏七夕まつりmovie

美濃源氏七夕まつりで、街のあらゆる広場を舞台に多くの観光客、市民を巻き込み3日間繰り広げられるバサラ踊り、全国各地から参加者が集まり、48時間でオブジェを製作するクレイオブジェコンテスト、中日に開催する祈願花火が瑞浪の夜空を染めます。

第18回 クレイオブジェコンテスト
期間:平成27年8月7日(金)~9日(日)
会場:岐阜県瑞浪市寺河戸町市道公演線


みずなみ陶土フェスタ2014 第17回 クレイオブジェコンテスト

クレイオブジェコンテスト2014 (4)


    • 瑞浪美濃源氏七夕まつり2014 (7)

      瑞浪美濃源氏七夕まつり

      ●開催地  瑞浪市寺河戸町JR瑞浪駅周辺
      ●問い合わせ  瑞浪商工会議所 TEL.0572-67-2222
      ●開催日  8月7日に近い金・土・日曜日
      ●アクセス  JR瑞浪駅下車

このHPの使用画像について

瑞浪のPRをしていただけるのであれば、本サイトの掲載画像を使用ください。 画像をクリックし全体写真が表示されたら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」で高解像度データーでダウンロードできます。 「画像使用申請フォーム」にて利用する旨をお知らせいただき、提供元として「Ⓒ瑞浪.com」又は「瑞浪市観光協会」を表示をしてください。よろしくお願い致します。

関連記事

みずなみ観光タクシー

瑞浪を動画で見てみよう!

瑞浪の動画

会員さん、こんにちは!

File10 鉄板居酒屋 ぽんきち 瑞浪駅前浪花通りにある、居心地が良くついつい長居してしまいそうな居酒屋さんです。
safety tips for pc Safety tips for smartphone

Twitter でフォロー

画像提供ページ

リンク用バナー

相互リンクをお願いします!詳細はお問合せ下さい。

おすすめカテゴリー

遊びと体験を楽しむ!

カテゴリー

画像提供ページ

リンク

定年退職後、いろいろなことに挑戦をしつつ旧中山道歩きをされ大湫宿、細久手宿を訪れています。 38日間かけて約535kmの中山道69次を歩いた旅人の旅日記。瑞浪市の大湫宿・細久手宿も登場します。
ページ上部へ戻る