荷機稲荷神社-初午大祭 瑞浪市観光協会
 荷機稲荷神社は、200年に及ぶ歴史を伝える稲津町の誇りでもあり、『小里のお稲荷さん』として愛されています。
 初午大祭は、文化元年(1804年)江戸時代中期に村内で凶作が続いたため村民が協議し、村内安全・五穀豊穣を願って、京都伏見稲荷本社から御分身を荷機稲荷神社に迎えて祈願したのが始まりです。
 初午の日にお稲荷様にお詣りするのは、和銅4年(711年)2月初めの午の日に稲荷大神が伏見稲荷大社にご鎮座された日でそれを慶びお祝いするお祭りです。
 荷機稲荷神社の初午大祭も、昭和10年代までは2月の初めの午の日に行われていましたが、2月は積雪もあり参拝も難儀のため3月の初めの午の日に変更されましたが、休日の方がよいとされ現在は3月の第1日曜日に行われます。
 戦前は、陶土等を馬車で各地に運ぶため馬も多く飼育されていましたので草競馬なども行われていたようです。現在も境内には馬がつながれます。
 参道や広場には多くの露天や屋台が並び、賑わいます。
 崇敬者は、1年に1度家の神棚から神使いの陶製お狐像を持参し、弊殿でお祓いを受け、御祭神とお合わせする「お使者合せ」が行われます。
 祭の最後には、厄年の餅投げが行われます。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

小里の泰山のふもとの百姓の家に佐吉という子がいました。おとうさんが仕事の無理がたたって重い病気になってしまいました。あるお医者さんのいうには、朝鮮の国の妙薬である人参があれば治ると言います。しかしそんな高価なものはとても買うことができません。佐吉はいつものように氏神様へお詣りしました。「どうか、おとうの病を治す人参を恵んでください…」と必死にお願いしました。次の日稲荷様へ行ってみると、ほこらの前に人参がおいてありました。おどりあがってよろこんだ佐吉は、それを持って帰ると、せんじておとうさんへのませました。不思議なことにおとうさんの病気は軽くなり、ひとつきもしないうちに、もとの体にもどることができました。お礼詣りに行った佐吉は、油揚げをお供えしました。今では、小里の稲荷様は大きなお社になって、大勢の人がお詣りするようになりました。
●この昔話は、「ふるさと瑞浪」のお話のあらすじを短くして掲載しています。

所在地  瑞浪市稲津町小里地内
問い合わせ  瑞浪商工会議所 TEL.0572-67-2222
開催  3月第1日曜日
アクセス  中央自動車道瑞浪ICより20分 JR瑞浪駅よりタクシー15分


荷機稲荷神社
所在地  509-6103 瑞浪市稲津町小里737-2



より大きな地図で 荷機稲荷神社 初午大祭 を表示


初午大祭

    平成27年3月1日(日)

    平成26年3月2日(日)

    このHPの使用画像について

    瑞浪のPRをしていただけるのであれば、本サイトの掲載画像を使用ください。 画像をクリックし全体写真が表示されたら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」で高解像度データーでダウンロードできます。 「画像使用申請フォーム」にて利用する旨をお知らせいただき、提供元として「Ⓒ瑞浪.com」又は「瑞浪市観光協会」を表示をしてください。よろしくお願い致します。

関連記事

みずなみ観光タクシー

瑞浪を動画で見てみよう!

瑞浪の動画

会員さん、こんにちは!

File10 鉄板居酒屋 ぽんきち 瑞浪駅前浪花通りにある、居心地が良くついつい長居してしまいそうな居酒屋さんです。
safety tips for pc Safety tips for smartphone

Twitter でフォロー

画像提供ページ

リンク用バナー

相互リンクをお願いします!詳細はお問合せ下さい。

おすすめカテゴリー

遊びと体験を楽しむ!

カテゴリー

画像提供ページ

リンク

定年退職後、いろいろなことに挑戦をしつつ旧中山道歩きをされ大湫宿、細久手宿を訪れています。 38日間かけて約535kmの中山道69次を歩いた旅人の旅日記。瑞浪市の大湫宿・細久手宿も登場します。
ページ上部へ戻る