瑞浪市化石博物館

海のない岐阜県で クジラの化石 発見!

~中学校造成中の工事現場から~

企画展 平成29年5月28日(日)まで

2019年の春に開校する瑞浪北中学校の工事現場で、約1700万年前のヒゲクジラ類の化石が見つかった。
頭から尾に近い部分までほぼ全身の骨が発見されるのは全国的に珍しく、東海地方では初めてという。
発見された化石の一部を平成29年4月28日~5月28日まで瑞浪市化石博物館で展示します。


みずなみ化石教室のご案内

瑞浪市化石博物館では、平成28年度も化石教室を開催します。今年度は一日コース、半日コースに加え、上級コースを開催します。教室の詳細や申し込み方法は、化石博物館ホームページをご覧ください。
*申し込み開始は教室開催の1カ月前から先着順で受け付けます。

みずなみ化石教室2016

問い合わせ 瑞浪市教育委員会 スポーツ文化課 TEL.0572-68-7710

 

瑞浪市化石博物館

化石博物館の展示テーマは、2000万年にわたる自然の変遷を、化石や地質をもとに復元することです。貝類、魚類、哺乳類、植物などの化石は、かつて海だったころの瑞浪の自然の姿を私たちに教えてくれます。

所在地  瑞浪市明世町山野内1-13
問い合わせ 瑞浪市教育委員会 スポーツ文化課 TEL.0572-68-7710
開館  9:00~17:00(入館は16:30まで) P有り
休館  月・祝日の翌日・年末年始
入館料  一般200円 高校生以下無料 団体割引有り
アクセス  JR瑞浪駅下車 徒歩30分 中央自動車道瑞浪ICより3分



瑞浪市化石博物館 瑞浪市観光協会 瑞浪市化石博物館 瑞浪市観光協会

化石の地下壕
中新世 瑞浪層群 明世累層 戸狩層
この地下壕は、第二次世界大戦末期(1944~1945年)に、航空機製造の疎開工場を建設するために掘られたものの一部です。地下壕の建設に携わったのは、強制連行された朝鮮人と中国人で、重労働と栄養失調などによる死傷者も多数出ました。
地下壕の天井や壁面にはNipponomarcia(ニッポノマルシア)、Dosinia(カガミガイ)、Meretrix(ハマグリ)など多くの貝化石が露出しています。この地層は、およそ1700万年前に10mより浅い砂底の海に堆積したものです。


周辺施設

    • 瑞浪化石野外学習地 瑞浪市観光協会

      瑞浪化石野外学習地

      土岐川の河原で、1700万年前の貝や植物などの化石を採集できます。きれいなサメの歯や大きなクジラの化石も見つかっています。化石を採集するには、化石博物館で許可を受けてください。また、採集用具(ハンマー・タガネ)は…

    • 瑞浪化石産地

      瑞浪市明世町・薬師町・松ヶ瀬町、日吉町、土岐町。新生代第三紀の地層で、中でも瑞浪層群(約1900~1500万年前)と呼ばれる地層は、哺乳類・魚類・貝類・植物等の化石を豊富に産し、貴重な化石包含地として保護されてい…

    • 瑞浪市民公園

      29.5haの市民公園には瑞浪市化石博物館、瑞浪市陶磁資料館、市之瀬廣太記念美術館、地球回廊、サイエンスワールド、市民体育館、野球場、テニスコート等多くの教育施設があります。また岸武雄著「化石山」の舞台になった化…

    • 岐阜県先端科学技術体験センター サイエンスワールド

      岐阜県が設置した施設で、先端科学技術を気軽に体験できる科学館です。体験を重視したコンセプトで、21世紀を担う青少年に科学のおもしろさ、大切さをサイエンスワークショップ(平日のみ・要団体予約)などで伝えます。

    • 瑞浪市地球回廊 瑞浪市観光協会

      瑞浪市地球回廊

      全長240mの地下ミュージアム。地球が誕生した46億年前から現在までを、パネルや模型、200インチのハイビジョンなどを駆逐して分かりやすく再現。地球の進化をタイムトリップ気分で体感すれば未来の地球が見えてきます。…

    • 戸狩横穴古墳群 瑞浪市観光協会

      戸狩横穴古墳群

      岐阜県指定史跡
      瑞浪市内には、化石を多く包含する新生代第三期の凝灰岩が所々に露出しています。
      横穴古墳は斜面に露出したこの凝灰岩を利用し、これに横穴を掘って構築されたもので、市内にはこの明世町戸狩一帯のほか、…

    • 瑞浪市陶磁資料館

      古代から現代に至る美濃焼の歴史を、時代を追って、歴史性・化学性・創造性の3つのテーマで紹介しています。屋外には、実際に年に数回焼成(しょうせい)する登り窯や千本杵搗の大水車などが展示されています。

      ●所在地…

    • 瑞浪市陶磁資料館 登り窯

      吹き上がる炎が創る土と炎の融合美 連房式登窯連房式登窯は、17世紀初めごろに、美濃に導入された窯体構造で、製品を焼成する房(室)が幾つも階段状に連結しています。
      各々の房は、狭間孔と呼ばれる穴によって結ばれ…

    • 市之瀬廣太記念美術館

      瑞浪市出身の彫刻家、故市之瀬廣太氏の作品約300点を主に収蔵し、広く美術に関する知識及び教養の向上に資するとともに、氏の偉業を後世に伝える事を目的に建設。鑑賞する人と彫刻との間に楽しい語らいが生まれる施設です。

このHPの使用画像について

瑞浪のPRをしていただけるのであれば、本サイトの掲載画像を使用ください。 画像をクリックし全体写真が表示されたら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」で高解像度データーでダウンロードできます。 「画像使用申請フォーム」にて利用する旨をお知らせいただき、提供元として「Ⓒ瑞浪.com」又は「瑞浪市観光協会」を表示をしてください。よろしくお願い致します。

関連記事

みずなみ観光タクシー

瑞浪を動画で見てみよう!

瑞浪の動画

会員さん、こんにちは!

File10 鉄板居酒屋 ぽんきち 瑞浪駅前浪花通りにある、居心地が良くついつい長居してしまいそうな居酒屋さんです。
safety tips for pc Safety tips for smartphone

Twitter でフォロー

画像提供ページ

リンク用バナー

相互リンクをお願いします!詳細はお問合せ下さい。

おすすめカテゴリー

遊びと体験を楽しむ!

カテゴリー

画像提供ページ

リンク

定年退職後、いろいろなことに挑戦をしつつ旧中山道歩きをされ大湫宿、細久手宿を訪れています。 38日間かけて約535kmの中山道69次を歩いた旅人の旅日記。瑞浪市の大湫宿・細久手宿も登場します。
ページ上部へ戻る