萩原小井戸 神光寺跡地 石造物群

萩原小井戸 神光寺跡地 石造物群

稲津の各所に在る五輪塔で、種子[しゅじ](焚字)の刻まれているものは極めて少ない。ちょっと変わった五輪塔が、萩原小井戸の神光寺跡に在る。それには、四方種子ではなく、水輪の四方に金剛石塔、智栄謹書と刻まれている。

萩原小井戸 神光寺跡 無縫塔群

無縫塔 単制
萩原小井戸神光寺跡

H 69cm
刻銘なし

H 59cm 塔身のみ
刻銘前住当岩浄識首座

H 91cm
刻銘不応宗延首座

(稲津の石造物より)

神光寺明治廃寺 特芳派 小井戸

市内の寺々に対する梵鐘供出の命令は、笠松代官所岩田鍬三郎郡代から廻状で出され、本山株の興徳寺・宝林寺は除外ということで同領村内の正宗寺以下一六ヵ寺に下命されている。その翌月の五月には長見寺(上山田)・陽向寺(須之宮)・永泉寺(小里)・大龍院(同)・神光寺(萩原)・浄応寺(寺河戸)・高光庵(同)・浄円寺(水上)の八ヵ寺は 「当寺には焚鐘これなく」と報告し、正宗寺(小田)・通源寺(同)・慈雲寺(同)は「楚鐘差上げ申すべく承知」としている。

(瑞浪市史 歴史編より)

小井戸「神光寺」跡、現小井戸墓地

 享保三年(一七一八)可児郡姫治村下切、三明寺の末寺として金毛和尚、江嶽和尚らによって創建一五八年間続いたが明治七年(一八七四)廃寺となる。
 芭蕉の句のほか萩原の医師であり寺子屋の師匠もした平子寿策(和合)が妻のために詠んだ追善句碑がある。

(「萩原郷土史 水穴」より)

このHPの使用画像について

瑞浪のPRをしていただけるのであれば、本サイトの掲載画像を使用ください。 画像をクリックし全体写真が表示されたら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」で高解像度データーでダウンロードできます。 「画像使用申請フォーム」にて利用する旨をお知らせいただき、提供元として「Ⓒ瑞浪.com」又は「瑞浪市観光協会」を表示をしてください。よろしくお願い致します。

関連記事

観光協会のおすすめ !

★注意 ホームページ営業について

瑞浪市観光協会をかたって、ホームページ作成の営業をかけている業者がいます。当会とは関係がありませんのでご注意ください。

瑞浪市観光大使 活動中!

瑞浪を動画で見てみよう!

観光パンフレット

Twitter でフォロー

リンク用バナー

相互リンクをお願いします!詳細はお問合せ下さい。











遊びと体験を楽しむ!

safety tips for pc Safety tips for smartphone

みずなみ観光タクシー

画像提供ページ

★注意 ホームページ営業について

瑞浪市観光協会をかたって、ホームページ作成の営業をかけている業者がいます。当会とは関係がありませんのでご注意ください。

ページ上部へ戻る