常盤神社と常盤杉

 今から約700年ほど前、明智の豪族の娘、常盤姫が土岐頼兼の妻となりました。

 ある時、ふとしたことで家臣の嘲笑を受けたことを苦にして、この辺りで土岐川へ身を投げました。

 この渕を常盤渕と呼ぶようになり、常盤姫を祀っています。

 身を投げた折、杉の若木を切り取り杖にしていたものを河岸に突き刺しておいたものが根付き大木に成長し、これを「逆さ杉」「常盤杉」として後世の人が語り伝えたともいわれます。

 今は古木は枯れ、新しい杉にかわっています。

このHPの使用画像について

瑞浪のPRをしていただけるのであれば、本サイトの掲載画像を使用ください。 画像をクリックし全体写真が表示されたら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」で高解像度データーでダウンロードできます。 「画像使用申請フォーム」にて利用する旨をお知らせいただき、提供元として「Ⓒ瑞浪.com」又は「瑞浪市観光協会」を表示をしてください。よろしくお願い致します。

関連記事

大河ドラマ「麒麟がくる」番組展

観光協会のおすすめ !

★注意 ホームページ営業について

瑞浪市観光協会をかたって、ホームページ作成の営業をかけている業者がいます。当会とは関係がありませんのでご注意ください。

瑞浪市観光大使 活動中!

瑞浪を動画で見てみよう!

観光パンフレット

Twitter でフォロー

リンク用バナー

相互リンクをお願いします!詳細はお問合せ下さい。

遊びと体験を楽しむ!

safety tips for pc Safety tips for smartphone

みずなみ観光タクシー

画像提供ページ

カテゴリー

ページ上部へ戻る